* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 09. 23

『妻たちと娘たち―日々の生活の物語』

Wives and Daughters: An Everyday Story (1866)
エリザベス・ギャスケル / 東郷秀光・足立万寿子 訳 / 大阪教育図書 (ギャスケル全集6)
[ Amazon ]

田舎町のホリングフィールド。医師ミスター・ギブスンの一人娘モリー・ギブスンは、幼い頃に母親を亡くしたものの、父親の愛情を受けて成長した。12歳のとき、この町の領主であるカムナー伯爵夫妻の園遊会に招かれたモリーは、その大邸宅で以前カムナー家の娘たちの家庭教師をしていた美しい女性ミセス・カークパトリックと出会う。彼女は牧師補と結婚したがまもなく死別しており、モリーと同じ年頃の一人娘シンシアがいた。それから数年後、モリーがもうすぐ17歳になろうというとき、とある出来事がきっかけで、モリーにはお目付け役の母親が必要だと考えたミスター・ギブスンは、再婚することを考え始める。その相手に選ばれたのが、ミセス・カークパトリックだった。親しくしているスクワイアのハムリー家に滞在中にそのことを知らされたモリーはショックを受けるが、そんな彼女をハムリー家の次男ロジャーが慰め、ふたりは友情を育んでいく。結婚式が挙げられ、モリーは新婚旅行から帰宅した父親夫婦と暮らし始めるが、父親と二人で過ごす時間がなくなってしまったことや、新しい母親が見栄っ張りで軽薄であることに気づき、気の沈む日々を送るのだった。そんな折、フランスの寄宿女学校へやられていた美しい娘シンシアが、母親たちと一緒に暮らすために帰ってきた……。

著者ギャスケルが執筆途中に亡くなり、未完となった作品。とはいえ、まとめの何章かが書かれなかっただけで、内容的にはほぼ完結しています。

1820年代のイングランド北部の田舎町を舞台に、「日々の生活の物語」の副題のとおり、中産階級の少女の生活を描いた物語。
起きる事件といえば、父親の再婚や義理の姉妹の恋愛スキャンダルに巻き込まれることぐらいで、これまで読んできたギャスケル作品 『メアリ・バートン』 『北と南』 の労働者問題や、『ルース』 の未婚の母といった社会問題、『悪夢の一夜』 の殺人などのような題材はいっさい出てきません。しいて言えば、『クランフォード』 をもっと写実的にした感じかなあ。

* Tag : エリザベス・ギャスケル  

2009.09.23 23:00 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学-19世紀

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。