* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2011. 04. 03

3月に読んだ本まとめ

3月に読んだ本、まとめて感想。一部分は、ツイッターに書いたものです。


死をもちて赦されん (創元推理文庫)
Absolution by Murder (1994)
ピーター・トレメイン / 東京創元社 (2011/01)

7世紀。アイオナ派(アイルランド系)かローマ派か、ノーサンブリア王国の国教を決める重要な教会会議を前に、アイオナ派の有力な論客――フィデルマの属する修道院の院長にして友人が殺された。アイルランドの法廷弁護士の資格を持つフィデルマは、ローマ派の修道士エイダルフとともに、国王の命で事件を調査することになる。
シリーズ途中から翻訳が始まって横目で眺めていた「修道女フィデルマ・シリーズ」、やっと長編第一作が翻訳されたので読んでみた。
主人公のフィデルマは、人物像や背景の書き込みがまだあまりされていないので、今のところは単にタカビーな女性といったところ。穏和なエイダルフがいい中和剤になっている感じ。(エイダルフは、先日まで観ていた海外ドラマ「大聖堂」のフィリップ院長のイメージで読んでしまっていました・笑)
ミステリ作品としては、伏線がわかりやすいので(なのにフィデルマたちはそれらを軽視するんだもの)、あまり意外性はなかった。
法律や福祉など、様々な点でアイルランドのほうがノーサンブリア王国よりも優れているという主張が頻繁に出てくるのが少々鼻につかないでもないが、これは同著者の 『アイルランド幻想』 (素晴らしい幻想短篇集)を読めばよくわかるように、後の時代にアイルランドがイングランドにさんざん苦しめられ痛めつけられたことへの意趣返しみたいなものかしら。


お呼びだ、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション)
Ring for Jeeves (1953)
P・G・ウッドハウス / 国書刊行会 (2011/01)

バーティーの登場しない長編作品(彼が留守にしている理由がまた笑っちゃうのだが)。ジーヴスはいつも通り(ある意味ではいつも以上に)活躍しているので、おもしろいことはおもしろいんだけど、ふむ、やはりこのシリーズはバーティーの語り口が大きな魅力のひとつなのだ、という気がしますね。


ゴーストハント3 乙女ノ祈リ (幽BOOKS)
小野不由美 / メディアファクトリー (2011/03)

最近の隔月のお楽しみになっているシリーズの3作目。
今回は、怪異現象が続発する私立女子高が舞台。生徒たちを守ろうとして過剰防衛に走る教師陣と、それとは対照的なある人物の姿が印象的だった。


夜の真義を
The Meaning of Night (2006)
マイケル・コックス / 文藝春秋 (2011/03)

19世紀半ばの夜のロンドン。得体の知れぬ語り手の殺人の告白から始まるので、何か仕掛けがあるのだろうと思って読んでいたが、ストーリー的には見た目そのままな、正統派ヴィクトリア朝ゴシック小説だった。奪われた身分の回復、宿敵である青年との対決、それに絡んで起こる殺人事件の謎。
しかし、『五輪の薔薇』 などとちょっと違うのは、主人公=語り手の設定。訳者あとがきにあった「読者に共感されるアンチヒーローを創りたかった」という著者の言葉には驚いた。だって、やたら思い込みが激しくて、得体の知れない主人公は、私にとっては共感からは程遠い人物だったのだもの。(逆に、エミリーはわりと好きな登場人物だった。後半部分の彼女は、私の期待を裏切らなかった)
上下2段組で600ページという長さを苦に感じさせないおもしろさはあったけど、登場人物の行動の動機に納得できない部分もあるし、読み終えてみれば、個人的にはさほど好きな物語ではないなあ……。そういう点では、『五輪の薔薇』 と同じだな。
原書の時点で気になっていて、翻訳される予定があることを知ったときから楽しみに待ち続けていた作品だったのだけれど(「このミス」の隠し玉ページに何年も題名が出たり消えたりしていたのですよ……)、結局、以前書いた「ヴィクトリア朝を舞台にした現代作家の小説は、ごく一部の例外を除いて、好みの作品に出会えることは滅多にない」の例外になってくれることはなかったな……。(じゃあ、もう黙って、おとなしく19世紀英文学読んでろよ!って感じですね。すみません)


黄金の道 ストーリー・ガール2 (角川文庫)
The Golden Road (1913)
モンゴメリ / 角川書店 (2010/10)

海外ドラマ「アヴォンリーへの道」の元ネタである 『ストーリー・ガール』 の続編。前作に引き続き、プリンス・エドワード島の牧歌的な美しい風景のなかで繰り広げられる子供たちのドタバタが楽しくて、とてもおもしろい。読んでいるだけで、のどかで幸せな気分になれる。……が、ぶきっちょさんの恋愛話は、正直言って「キモイ」と思う……(ストーリー・ガールがその話をさんざん言い渋ったり、「あの子たちは、どうせ、ばからしい俗っぽいものにするわね」と言うのもむべなるかな……ストーリー・ガール、俗っぽいものにしちゃって、ごめんw)


エリアナンの魔女3 黒き翼の王(上)
The Pool of Two Moons (1998)
ケイト・フォーサイス / 徳間書店 (2011/02)

メガン&イズールト、イサボー各周辺の話もおもしろいし、エリアナン各地でさらに新しい動きが色々出てきて、ますますおもしろくなってきました。続巻がとっても楽しみ。でも、3巻までは毎月末に刊行されていたのに、4巻は3月末の予定が延びて4月に発売みたいなんだよねー。待ち遠しすぎる。
しかし、ツンデレカップルのデレっぷりがすさまじい。メガンの前で痴話喧嘩すんなw(「おれと仕事(火の造り手の跡継ぎ)とどっちが大事なんだよ」「仕方ないじゃないか、仕事なんだから…」「うわああーんイズールトの馬鹿! もう知らないんだから! 実家に帰っちゃえ!」そのまんまで笑った)。その一方で、イサボーの貧乏くじっぷりもすさまじい。イサボーが彼を助けた功労者なのに(笑)
ちなみに、いちばん好きな登場人物はイズールト。イズールトかわいいよイズールト(コリガンにやきもち焼いてるとこ)。イズールトかっこいいよイズールト(憲兵隊を全滅させたとこ)。(もう少しメガンの言うことに大人しく従ったほうがいいのでは、とも思うけど、そうすると物語が進展しなくなっちゃうのだろう……)

2011.04.03 23:59 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。