* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2010. 11. 23

『ゴーストハント(1) 旧校舎怪談』 小野不由美

小野不由美 / メディアファクトリー (幽BOOKS)
2010-11
[ Amazon ]

長らく復刊が待望されてきたホラー長編『ゴーストハント(悪霊)シリーズ』が全編リライトで初の単行本化! 全7巻刊行予定。
取り壊すと必ず事故が起きると噂されている木造の旧校舎。高校1年生の麻衣はひょんなことから、調査に訪れた<渋谷サイキックリサーチ・SPR>所長のナルの手伝いをするはめに。そこで彼女を待っていたのは、個性溢れる4人の霊能力者たちと、身も凍るような怪奇現象だった。旧校舎に巣くっているのは戦没者の霊か、それとも――? (出版社の内容紹介文より)

以前から「悪霊シリーズ」の存在は知っていましたが、今回初めて読みました。
主人公・麻衣のときどき寒くなる一人称語りは1990年代の少女向けライトノベルそのままって感じで、星子さんシリーズとか連想して懐かしく思ったりしたけれど(笑)、怪奇現象の解明部分などはかなりカッチリしている印象を受けました。
心霊現象かと思われたことに合理的な説明がなされたかと思うと、今度は説明のつけようがなさそうな怪奇現象がまた新たに起こって……の繰り返しでページをめくる手が止まらず、おもしろかったので、続巻も読んでいこう。

(以下、ネタバレにつき反転)
今回は、自然現象や人間が起こしたポルターガイストだったことが解明され、心霊現象は何も起きていなかったけれど、続編には本物の心霊現象が登場するのかな?
それに、先日読んだリチャード・マシスンの 『地獄の家』 でも同じだったんだけど、登場人物たち、幽霊が起こすポルターガイストにはおおいに興味を持つのに、生きている人間が起こすポルターガイストには淡々としているというか、日常茶飯事みたいな態度なんだよねー。ポルターガイストを引き起こす人間って超能力者ってことだから、充分に重大事だと私は思うのだけど、これらの作品の登場人物たちはそうじゃないようだ。死後の存在が実在するか否かがもっとも重要で、生きている人間はたとえ超能力を持っていようが二の次ってことなのかなー。

2010.11.23 23:00 | Comments(0) | Trackback(0) | 国内作品

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。