* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2010. 03. 28

『消えた王子』


The Lost Prince (1915)
フランシス・ホジソン・バーネット / 中村妙子 訳 / 岩波少年文庫 2010-02
[ Amazon:上巻 ] [ Amazon:下巻 ]

ヨーロッパの小国サマヴィアでは、500年前に跡継ぎのイヴォール王子が行方不明になって以来、国内での権力争いや侵略を狙う周囲の大国とのいざこざといった流血沙汰が絶えず、国民たちは“消えた王子”が戻ってきて国を救ってくれることを待ち焦がれていた。サマヴィアの自由と平和を勝ち取るための秘密組織の活動を続ける父親ステファン・ロリスタンとともに、ヨーロッパ各地を転々としてきた少年マルコは、まだ見ぬ祖国サマヴィアのため、父親から日々訓練を受けていた。ある日、マルコはロンドンの下町で足の不自由な少年ラットと出会う。やがてマルコとラットは、ステファンから秘密組織の重要任務を任されることになる……。

『小公女』 や 『秘密の花園』 でおなじみ、バーネットの作品です。
バーネットはこんな少年の冒険小説も書いていたんですね。これも、ルリタニアもののひとつと言えるのかしらん?

立派な王子さまが立派な王様になれた…とは限らないよな、とか。
第一次世界大戦が起きるか起きないかって時代に、一人の指導者によって国が救われると期待するなんて楽観的すぎないか? とか。
そもそも、王子の父親が愚君だったことを考えると、王子の血をひいていればいいってもんじゃないよな(しかも500年も経っている)、とか。

たぶん、そういったことはあまり考えないほうがいいのだと思う。物語の趣旨を読み逃すから。
マルコとラットの、ヨーロッパ各地をめぐる任務の旅の冒険を楽しみ、
ステファンとの父子の強い絆や、祖国の自由と平和への強い願いに胸をジーンとさせる。
実際、よく出来た少年の冒険・成長物語なのです、この作品は。

……しかし、ひねくれた大人である私は、やっぱり上のようなことを考えずにはいられず、素直に読めないんだよなあ。

2010.03.28 23:08 | Comments(1) | Trackback(0) | 海外文学-20世紀前半

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

こんにちは。
このエントリーを読んでバランタインの「珊瑚島」とゴールディングの「蝿の王」の比較を思い出しました。「珊瑚島」は十九世紀の中ごろに書かれ、ヴィクトリア朝時代の価値観が色濃く現れた作品ですよね。しかし現実はあんなにうまく行くわけがない。その反発としてあらわれたのが二十世紀中ごろに書かれた「蝿の王」で、現代人からすればこっちのほうがはるかにリアリティがある。
ヴィクトリア朝時代の価値観は第一次世界大戦のあともしばらく生き延びていました。二十年代に書かれたスパイ小説だって、まだ騎士道精神でスパイ活動をしていますからね。
ただ、昔はそれなりに安定した世界観があったから、小説も起承転結のある、どっしりした作品が書けたんだと思います。近代文学では結末を拒否するような作品が増えますよね。

by hayashi / URL at 2010.04.10 [編集]

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。