* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2010. 09. 26

『エアーズ家の没落』 サラ・ウォーターズ



The Little Stranger (2009)
サラ・ウォーターズ / 中村有希 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon : 上巻 ] [ Amazon : 下巻 ]

ウォリックシャー州でかつて繁栄を誇った領主のエアーズ家。しかし、第二次世界大戦直後の今日では、残った一族もその住居であるハンドレッズ領主館も没落の一途を辿っていた。領主館で働いていたメイドの息子で長じて医師となったファラデーは、ある日、メイドの往診を頼まれて領主館を訪れたのをきっかけに、エアーズ家の人々と親しくなる。貴婦人そのもののエアーズ夫人、娘のキャロライン、戦争で深い傷を負った息子のロデリック――彼らと親交を深めていくファラデー医師。その一方で、館のあちらこちらで起こる異変が、時代に取り残されたエアーズ家の滅亡を後押ししていくのだった……。

原書が刊行されたときから、翻訳されるのをとても楽しみにしていた作品です。内容紹介を読むと、私の好みド真ん中だったんだもの!
実際に読んでみると、期待にたがわず、とても端正で正統派な「ゴースト・ストーリー」であり、素晴らしいゴシック・ロマンでした(ゴシック・ロマンが「主人公がお城を手に入れようとする物語」だとすれば、あの人物は望んだ形ではなかったとはいえ、自分だけの屋敷を手に入れたのだから。ついでに、ファラデー医師ってファーストネームがないのね……)。シャーリイ・ジャクスンの 『たたり(丘の屋敷)』 と本棚に並べておきたくなりました。
嬉しくなっちゃうほどのイギリス小説伝統の道具立て、それでいて、サラ・ウォーターズ独特の捻りが効いている。読み進むうちに、上で挙げた要素以外にもさまざまな側面を見せ、読者に答えを示唆しつつも、それに限定してしまわない余地を与えている。
あの最後の一文はなんとも素晴らしく、深い余韻を残す。

この作品はまた、お屋敷小説でもあります。過去の輝いていた時代のハンドレッズ領主館、そして現在のだんだんと寂れていく館の情景描写がとにかく濃密で、最初のほうなど、そっちに筆が割かれているためにストーリーはほとんど進んでないんじゃないかと思ってしまったくらい(笑)(もっとも、その陰でストーリーは深く静かに進行していたんだけどね……)
まるで自分もファラデー医師と一緒に屋敷の中を見てまわっているかのように感じられて、これは映像化されたものを是非観てみたいなー、と思ったのでした。

2010.09.26 23:00 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。