* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 04. 25

最近読んだ海外ミステリ2冊

来月、徳間書店から、ダイアナ・ウィン・ジョーンズのクレストマンシーシリーズ最新作が出るようですね。やっと翻訳されるのかー、楽しみだー。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBook=978-4-19-862742-3&Sza_id=MM
[5/20訂正] 『魔法の館にやとわれて』 やっと本屋で購入できて、訳者あとがきだけチラッと見たんですが(本編は週末にゆっくり楽しむ予定)、これはシリーズ最新作ではなかったですね……すみません(でも、徳間のサイトに「最新作」って書いてあるんだよね…)。ほんとの最新作 『キャットと魔法の卵』 は今年8月に翻訳が出る予定だそうです。そっちも嬉しいけれど、ハウルの続編は~?

それから、来月の光文社古典新訳文庫は、ジーン・ポーターの 『そばかすの少年』。以前、角川のマイディア・ストーリー文庫から出ていた作品なんですが、なんとなく意外なチョイスだ。私はこれの続編の 『リンバロストの乙女』 が好きなので(主に前半部分)、そっちも出してくれないかなぁ。

以下は、先々週に読んだランダムハウス講談社文庫のミステリー小説2冊の読了メモ。
最近、読書時間が細切れにしかとれないせいか、話の内容がなかなか頭の中に入ってこない。感想もそんな感じ……。


***********************************************

ブラン・マントー通りの謎 (ニコラ警視の事件 1)
L’énigme des Blancs‐Manteaux (2000)
ジャン=フランソワ・パロ / 吉田恒雄 訳 / ランダムハウス講談社文庫
2008-11

イギリスとの戦に明け暮れていたルイ15世治下のフランス。ブルターニュから上京し、パリ警察総監の下で見習い警視を務める若きニコラ青年は、ある警視の失踪事件の担当を命ぜられ困惑していた。なぜ経験もない自分が任命されたのか? 悩みつつも捜査を開始したニコラだが、失踪事件はやがて陰惨な殺人事件へ、そして王宮をもおびやかす一大事へと発展する……。18世紀のパリを鮮やかに描いたフランスの人気シリーズ登場! (裏表紙より)

真相の意外性などはあまりないのだれど、読みやすいし、料理の描写がとってもおいしそう~。2・3作目も邦訳が決定しているそうで、出たら読みます。
でも、シリーズものとしては、主人公のニコラにもうちょっとキャラ立ちがほしいな……。見習いという割には頭が切れすぎなような気がするし、それでいて料理人のおばちゃんたちに好かれるような人の良さがある好青年という設定なんだけど、読んでいてもいまいち伝わってこないんだよな……。


***********************************************

ダブリンで死んだ娘 (ランダムハウス講談社文庫)
Christine Falls (2006)
ベンジャミン・ブラック / 松本剛史 訳 / ランダムハウス講談社
2009-04

<聖家族病院>の病理医クワークは死体安置室の遺体にふと目を止めた。救急車で運び込まれたクリスティーンという名の美しい女性で、死因は肺塞栓。明らかに出産直後と見える若い女性が肺塞栓とは? 死亡診断書を書いた義兄の産婦人科マルの行動に不審を抱いたクワークは再び安置室を訪れる。だが、遺体はすでに運びだされていた! 1950年代のダブリンを舞台に、ブッカー賞作家が別名義でミステリに初挑戦した話題作。 (裏表紙より)

2005年のブッカー賞受賞作家ジョン・バンヴィルが、別名義で書いた作品。
孤児のクワークは、ギャレット判事に引き取られ、その息子のマラカイ(マル)と兄弟のように育った。マルの妻サラは、クワークの亡き妻デリアの姉で、昔愛した女性でもある。サラとデリアの父親であるアメリカの実業家クロフォードも絡んできて、謎解きというよりは、クワークの家族の話といった趣きが強い。
以前読んだバンヴィル名義の 『バーチウッド』(→感想) が素晴らしかったので、この作品も期待して読んでみたんだけど……。よく書けたミステリー小説ではあるんだろうけれど、「ブッカー賞作家が別名義でミステリに初挑戦した話題作」というほどの「違い」は、正直、私にはわからなかった。人物設定と人間関係(すれ違いの結婚をしてしまった夫婦、両親に結婚を反対される若い娘など)がかなり類型的に思えたのが、大きな原因かもしれない。

* Tag : 歴史/時代もの  

2009.04.25 17:09 | Comments(2) | Trackback(1) | ミステリ&サスペンス

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。
「魔法の館にとらわれて」 / きつつきの夜

今年もDWJの新刊が出る!と楽しみにしていたら、 きゃーっ、“Conrad\'s Fate”が翻訳される!! 「魔法の館にとらわれて」(5月18日発売予定) RieさんのCaramel Teaというページで知りました。 どうもありがとうございます。 同じ日にはギャレット・フレイマン・ウェ... ......

at 2009.04.27

■ この記事へのコメント

はじめまして。

時々拝見しております。
DWJの新刊の情報をありがとうございます。
これは“Conrad's Fate”ですね。
徳間書店の児童書のHPではわかりませんね。
楽しみです!

by きゃろる / URL at 2009.04.27 [編集]

きゃろるさん、はじめまして。

徳間書店の児童書のHPを見に行ったら、表紙絵が出ていまして、ちょっと読みにくいのですが、「Conrad's Fate」と書いてあるようです。
あらすじ紹介のなかにも「コンラッド」とありますし。
今から、5月18日が待ち遠しいですね!

by Rie / URL at 2009.04.29 [編集]

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。