* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 02. 05

読了メモ 『わが愛しき娘たちよ』

78~84年発表の12篇を収めた短篇集。日本で最初に刊行されたウィリス本でもある。昔の私ったら、『リンカーンの夢』 じゃなくてこっちを先に読めばよかったのになー。(※この記事参照)
コメディタッチのものもいくつかあるけど、シリアス中心。原書の表題作にもなっている「見張り」は、『ドゥームズデイ・ブック』 や 『犬は勘定に入れません』 と同じタイムトラベルのシリーズ。キヴリンやダンワージィ教授が登場します。

最近翻訳されたウィリスの短篇集2冊ではそんなことなかったんだけど、時代を感じさせる作品がいくつかあった。アメリカやイギリスにミサイル撃ち込んだり爆弾投げ込んだりするのが、ロシアや共産主義者なんだもんなあ。
また「わが愛しき娘たちよ」も、ショッキングでいろいろ考えさせられる作品ではあるけれども、「超問題作」として論争を引き起こすほど過激な内容か? と今となっては思ってしまう。
……ってなんだか文句言ってるみたいになっちゃったけど、どの短篇も内容が古びているわけでは決してないし、むしろ、これまでに日本で出たウィリスの短篇集3冊のうちでは質・量ともにいちばんだと思う。



わが愛しき娘たちよ (ハヤカワ文庫SF)
Fire Watch (1985)
コニー・ウィリス / 大森望 訳 / 早川書房
1992-07

寄宿舎惑星の女子寮、その男子禁制の聖域でなにが起こったのか? 性と生殖が切り離された未来のセクシュアリティを描破して、スキャンダルをまきおこした超問題作「わが愛しき娘たちよ」。大空襲下のロンドンを訪問した時間旅行者の冒険を描いてヒューゴー、ネビュラ両賞を受賞した傑作「見張り」。アメリカSF界きっての人気女性作家が幅ひろい作風で、優しく怜悧に、そして過激に読者の知性を挑発する話題爆発の作品集。 (裏表紙より)

2009.02.05 23:41 | Comments(0) | Trackback(0) | SF&ファンタジー

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。