* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2008. 12. 22

『リンゴの丘のベッツィー』 ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー

Understood Betsy (1917)
ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー / 多賀京子 訳 / 徳間書店
2008-11
[ Amazon ]

赤ちゃんのときに両親を亡くしたベッツィーは、町に住む大おばさんのもとで、それはそれは大切に育てられました。ところが、九歳になったある日、大おばさんが病気になり、ベッツィーは、田舎の親戚の農場に行くことに。泣き虫で人に頼ってばかりいたベッツィーは、まったく新しい生活をはじめることになりますが……? アメリカ・バーモント州の美しく豊かな自然を舞台に、厳しくも温かい家族に見守られ、さまざまな経験をとおして成長していく少女の姿を、のびやかに描いた物語。1917年に出版されて以来、世代を越えて読みつがれてきた、アメリカ児童文学の名作古典です。 (カバー折込より)

町の親戚に過保護に育てられ、自分ひとりでは何にもできないようなひ弱な少女ベッツィーが、農場を営む親戚パットニー家に預けられ、一家の温かい視線とバーモント州の自然のもとで、たくましく成長する話。バターやメイプルシロップ作り、村の小さな小学校の様子など、アメリカの昔の少女小説・家庭小説の雰囲気を楽しめます。(でも、ちょっと子供向けかも。訳文が「ですます体」だし)
物語後半で、ベッツィーと年下の友人モリーが、隣人にちょっと離れた町の品評会に連れて行ってもらうも、手違いで会場に取り残され帰れなくなる……という場面があります。汽車で帰るために、その運賃をなんとか稼ごうとするベッツィー。すでに電話が普及している時代なので、誰かに頼んで家に電話させてもらって迎えに来てもらえばいいじゃんと思ってしまうのだけど、自分自身の力で帰ろうとする方が成長物語としてはやはり相応しいのかな。(パットニー家の人々を心配させないためには電話したほうが良かったわけだけど)
ところで、この話に続編があったとすれば、ベッツィーと同級生のラルフはカップルになったのかなあ~。

ちなみに私は、子供は都会よりも自然の多いところで育ったほうがいいだろうと思ってる。
あと、佐竹美保さんの表紙絵と押絵が素敵。


【原書】
Understood Betsy
by Dorothy Canfield Fisher

2008.12.22 18:52 | Comments(0) | Trackback(0) | YA&児童書

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。