* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2008. 09. 28

『ジャック・マッグズ』 ピーター・ケアリー

Jack Maggs (1997)
ピーター・ケアリー / 宮木陽子 訳 / DHC
2000-11
[ Amazon ]

1837年、流刑囚としてオーストラリアに流されていたジャック・マッグズは、露見すれば死刑となる危険をおかし、密かにロンドンに舞い戻ってきた。ところが到着を知らせてあった屋敷には当主はおろか使用人の姿もない。誤解をさいわい隣家の従僕におさまったマッグズは、「息子」である当主の帰りを待つことにした。マッグズに関心をもった新進作家のオーツは、マッグズの息子の捜索への協力と引き換えに、催眠実験の被験者となるよう取り引きを申し出る。持病の治療のためと説得されしぶしぶ承諾したマッグズだが、オーツは催眠実験でマッグズの正体をつかんでいた。 (カバー折込より)

ディケンズの 『大いなる遺産』 を下敷きにして書かれた作品。ちなみに 『大いなる遺産』 は十年くらい前に読みましたが、ミス・ハヴィシャムの印象だけ強く残っていて、他はあまりよく覚えていない状態。
訳者あとがきでは本作はかなり高く評価されているけれど、私にはどこがどう良いのかさっぱり……。著者は一体、この小説を通して何を語りたかったのか? どうにもピンとこなかった。
副主人公格の作家トゥバイアス・オーツは、若き日のディケンズを元にしているらしい。けれど両者が同じなのは経歴や環境だけで、ディケンズ本人がオーツのような、情けない男であるうえに人でなし(催眠術をかけてマッグズが秘密にしておきたかったことを暴いてしまったり、その様子をマッグズ本人の許可を得ずに他人に見せたり、オーツが蒔いた種が原因で二人も人間が死んでしまったり)だったとは到底思えない。オーツをディケンズとはかけ離れた人物にしたところに何か意味はあったのだろうか?
『大いなる遺産』 をちゃんと読み直してみようかな、という気になったことが唯一の収穫。


【原書】
Jack Maggs
by Peter Carey

* Tag : 歴史/時代もの  

2008.09.28 23:32 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。