* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2007. 04. 05

映画 『見知らぬ乗客』

Amazon.co.jp で詳細を見る(1951年 / アメリカ)

アルフレッド・ヒッチコック監督作品の「見知らぬ乗客」をYahoo!動画でやっていたので、観てみました。
Yahoo!動画 - 映画 - 世界名作ライブラリー - 見知らぬ乗客
パトリシア・ハイスミスの同名小説が原作。
レイモンド・チャンドラーが脚色に参加しています。
さらに、クライマックスの暴走するメリーゴーランドのシーンは、エドマンド・クリスピンの 『消えた玩具屋』 が元ネタだと言われているそうです。なるほど、あの場面を映像化するとああなるのか~。


他に、Yahoo!動画で観られるヒッチコック作品のなかで、海外クラシック・ミステリにつながりがあるものを並べておきますね。

断崖
フランシス・アイルズ(アントニイ・バークリーの別名義)の 『レディに捧げる殺人物語(犯行以前)』 が原作。結末を変えてしまったせいで原作の良さが失われてしまっているけど。(しかしこれ、カラー版なんですね。私が観たDVDはモノクロだったのに。この映画はモノクロじゃないと、光るミルクのグラスの場面が…)

レベッカ
ダフネ・デュ・モーリア原作。主人公役のジョーン・フォンテインが美しい~、マキシム役のローレンス・オリビエかっこええ~、ダンヴァース夫人はコワイ…。

第3逃亡者
原作はジョセフィン・テイ 『ロウソクのために一シリングを』

バルカン超特急
原作はエセル・リナ・ホワイト(これ)。原作よりもコミカルでドタバタ度が高くなっています。

白い恐怖
原作はフランシス・ビーディング(これ)。もっとも原作とはまったく別物のサイコ・サスペンス。イングリット・バーグマンとグレゴリー・ペックの美男美女カップルは目の保養~♪

2007.04.05 23:42 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

■ この記事へのトラックバック

トラックバックURL ↓

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー専用)

※ スパム対策のため、TBは承認制になっています。表示されるまでに時間がかかることもありますので、ご了承ください。

■ この記事へのコメント

■ コメントの投稿

※ 「送信する」をクリックすると、コメント確認画面が出ます。「認証用キーワード」を半角数字で入力して再度送信してください。迷惑コメントを防ぐためですが、お手数をお掛けして申し訳ありません。

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。