* Caramel Tea *

Reading Diary

2011年05月の記事一覧

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2011. 05. 24

4月に読んだ本まとめ

4月に読んだ本まとめ。もう5月も終わりだよ、なーんて細かいことは気にしない。


バラとゆびわ (岩波少年文庫)
The Rose and the Ring (1855)
サッカレイ / 岩波書店

それぞれ叔父やクーデターによって身分を奪われた王子ギグリオと隣国の王女ロサルバが主人公のおとぎ話。『虚栄の市』 のサッカレーが子供向けに書いた作品。とはいっても、さすがサッカレー先生、登場人物を誉めてるんだか貶しているんだかよくわからない、キツイ一言がところどころに出てきます。ところで、訳者あとがきに「(この話のロサルバ王女のように)ほんとうの幸せは小さいときから、くるしいくらしのなかできたえられなければなりません」とあるのだけど、でも、サッカレーは、貧乏な子供時代のなかで野心を募らせ、そのあげく自滅してしまう人物も、『虚栄の市』の主人公レベッカとして書いているんだよね……。


エリアナンの魔女4 黒き翼の王 (下)
The Pool of Two Moons (1998)
ケイト・フォーサイス / 徳間書店 (2011/04)

怒涛の展開で、とりあえず話がひと段落。とはいっても、まだ片付いてない問題がたくさんあるし、そう言えばあの人たちはどうなった、というわけで、続く次巻。
この巻は、ある人物にイライラしながら読んでいました。イサボーに対する仕打ちもひどいけど、あー、どうして、そう余計なことばかりするの!
そして、「この人、この先、大丈夫なのか……?」と相変わらず心配になるのがラクラン。今後の不安要素が多すぎる(笑)。この巻ではまさしくヒーローの立場のはずなのに、役に立ってるのか立ってないのかよくわからないし、マヤ関連ではダークサイドに堕ちかかってるし。まあ、その代わり、イズールトがナイスフォローしてますが(リーの寝室での、イズールトの無言でのラクラン回収法が見事すぎて噴いたw)。イズールトが前巻の終盤あたりで、ラクランのことを「成長した」と感心していたけれど、うーん、成長しているのかなあ……(笑)
(ところで、ラクランって、もしかしてリチャード3世がモデルになってるんだろうか。背曲がりで、足をひきずって歩き、兄王の子供の代わりに……ってあたりが)
イサボーは相変わらずの貧乏くじっぷりに泣ける。特にラクラン方面。相手にそのおしゃべりっぷりを思いっ切り拒絶されているのに、密かに夢見続け、再会できて、相手は実は王子さまだったと思ったら、双子の姉との間にすでに赤ちゃんまでいるとか……。


事件当夜は雨 (創元推理文庫)
That Night It Rained (1961)
ヒラリー・ウォー / 東京創元社 (2000/05)

土砂降りの雨の夜、果樹園主を訪れたその男は「おまえには50ドルの貸しがある」と言い放つや、銃を発砲した……。フェローズ署長もの。終盤で、「あれはそういうことだったのか!」と思わず膝を打つ箇所があるけれど、それ以外は、地元の人々にコツコツと聞き込みを続けていく、実に地道な警察小説。


螺鈿の四季 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
The Lacquer Screen (1962)
ロバート・ファン・ヒューリック / 早川書房 (2010/01)

ディー判事シリーズの時系列としては二つ目、『東方の黄金』 の一年後。チャオタイだけを連れた都出張の帰途、お忍びで寄った地での話。終盤のどんでん返しっぷりも、怪奇趣味も、他の作品に比べると、あっさり気味に思えた。


スペードの女王・ベールキン物語 (岩波文庫)
プーシキン / 岩波書店

最近、現代作家が19世紀を舞台にして書いた作品について文句ばっかり言っているので、ないものねだりはやめて、おとなしく、19世紀の作家が書いた作品を読むことにしたのですよ。そしたら、『スペードの女王』(1833)が素晴らしいのなんのって。どうしてこんなにおもしろいのか、考えてみてもよくわからないんですが、無駄な言葉を費やすことなく、的確な言葉で場面を描き出しているからこそ、現実と幻想の交錯する世界があざやかに浮かび上がってくるのかな。登場人物たちも印象的だし。
『ベールキン物語』 のなかの一編「吹雪」は、男性側からしてみれば、ある意味ホラーかも。と言うか、そもそもどうしてあんなことしたんだか。
プーシキンは 『大尉の娘』 もおもしろかったので、もう少し他の作品も読んでみよう。


アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う (英国パラソル奇譚)
Soulless (2009)
ゲイル・キャリガー / ハヤカワ文庫FT (2011/04)

吸血鬼や人狼が共存するヴィクトリア朝が舞台。序盤はなかなかユーモラスでおもしろい、と思いながら読んでいたのだけれど、途中からロマンス面が前面に出てきて、「おいおい、事件の話はどこ行った?」状態に……。後半は、事件方面の話に(ほぼ)戻るが(しかし、そんなピンチの場面でイチャついてる場合じゃないっスよ、お二人さん。屋敷に帰ってからやってくれ)、悪役の設定は安直すぎるし、最後に○○を持ち出してくるに至っては白けてしまった。母親&異父妹ふたりのドタバタ家族劇もオースティンを意識しているんだろうけれど、鬱陶しいだけだった。最初からパラノーマル・ロマンスのつもりで読めば肩透かし感はあまりないかもしれないけど、私は続巻はもういいや。(ちなみにこの本、人狼関連の場面の脳内参考資料は、去年の映画「ウルフマン」でした)



忘れられた花園 (上) 忘れられた花園 (下)
The Forgotten Garden (2009)
ケイト・モートン / 東京創元社 (2011/02)

イギリスとオーストラリアの3世代の女性たちを軸に、19世紀末から現代にかけてのさまざまな時間を行き来するところは巧みだとは思うけれど……私、やっぱりこの著者とは相性が合わないようだ。この手の物語を読むときは、いつもならすごくワクワクするのに、この著者の作品の場合は醒めた気分になっていってしまう。『リヴァトン館』 でもそうだったけど、きっと、この著者の書く登場人物たちに興味が持てないから、彼女たちが辿る物語もどうでもよくなってしまうんだろうなあ。バーネットの 『秘密の花園』 を、我田引水みたいな形で使っているのも、好きになれない理由のひとつかも。
スポンサーサイト

* Tag : 歴史/時代もの  

2011.05.24 23:24 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2011. 05. 04

英国時代ミステリ リスト

メモのようなものとして、英国時代ミステリをまとめてみました。
「英国時代ミステリ」の定義としましては、
「英米の現代作家が、19世紀以前のイギリスを舞台に書いた、ミステリー/サスペンス小説」
な感じですが、一部拡大したものも入っています。
だいたい時代順に並んでる……はず。
[最終更新日:2014/11/29]


ピーター・トレメイン 『死をもちて赦されん』 『サクソンの司教冠』 『幼き子らよ、我がもとへ (上)・(下)』 『蛇、もっとも禍し (上)・(下)』 『蜘蛛の巣 (上)・(下)』 『翳深き谷 (上)・(下)』 『修道女フィデルマの叡智』 『修道女フィデルマの洞察』 『修道女フィデルマの探求』
  修道女フィデルマシリーズ。7世紀(660年代)のアイルランド。 (創元推理文庫)

ケン・フォレット 『大聖堂』
  12世紀。大聖堂建設。続編もあり。 (SB文庫 全3巻)

エリス・ピーターズ 「修道士カドフェル・シリーズ」
  12世紀。 (光文社文庫)

アリアナ・フランクリン 『エルサレムから来た悪魔 (上)・(下)』 『ロザムンドの死の迷宮』 『アーサー王の墓所の夢』
  1171年~。女医アデリアシリーズ。 (創元推理文庫)

コニー・ウィリス 『ドゥームズデイ・ブック (上)・(下)』
  14世紀のイングランド。疫病。タイムトラベルもの。 (ハヤカワ文庫SF)

ポール・ドハティ 『教会の悪魔』
  密偵ヒュー・コーベットシリーズ。エドワード1世時代。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

ポール・ドハティー 『毒杯の囀り』 『赤き死の訪れ』 『神の家の災い』
  アセルスタン修道士シリーズ。リチャード2世時代。1377年~。 (創元推理文庫)

ポール・ドハティ 『白薔薇と鎖』
  密偵ロジャー・シャロットシリーズ。ヘンリー8世時代。スコットランド国王ジェームズ4世の死の謎。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

C・J・サンソム 『チューダー王朝弁護士シャードレイク』 『黒き炎 (上)・(下)』 『支配者 (上)・(下)』
  16世紀、ヘンリー8世時代。 (集英社文庫)

カレン・ハーパー 『毒の庭』
  即位前のエリザベス一世が探偵役。 (早川書房 ミステリアス・プレス文庫)

フェイ・ケラーマン 『慈悲のこころ (上)・(下)』
  16世紀末。シェイクスピアが探偵役。 (創元推理文庫)

デイヴィッド・リス 『紙の迷宮 (上)・(下)』
  1719年。 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ローレンス・ノーフォーク 『ジョン・ランプリエールの辞書 (上)・(下)』
  18世紀。 (創元推理文庫)

リリアン・デ・ラ・トーレ 『探偵サミュエル・ジョンソン博士』
  18世紀。 (論創海外ミステリ)

ブルース・アレグザンダー 『グッドホープ邸の殺人』 『グラブ街の殺人』
  18世紀後半。盲目の治安判事サー・ジョン・フィールディング。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

イモジェン・ロバートスン 『闇のしもべ―英国式犯罪解剖学 (上)・(下)』 『亡国の薔薇 (上)・(下)』
  1780年~。解剖学者と提督夫人が探偵役。 (創元推理文庫)

エリザベス・レッドファーン 『天球の調べ』
  1795年。フランス革命。 (新潮社)

P・D・ジェイムズ 『高慢と偏見、そして殺人』
  19世紀初頭。ジェイン・オースティンの続編+ミステリ。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

ジョン・ディクスン・カー 『ニューゲイトの花嫁』
  リージェンシー。 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ケイト・ロス 『ベルガード館の殺人』 『フォークランド館の殺人』 『マルヴェッツィ館の殺人 (上)・(下)』
  1810年代。「社交界の伊達男」ジュリアン・ケストレルシリーズ。 (講談社文庫)

チャールズ・パリサー 『五輪の薔薇』
  19世紀初頭。少年の出生の秘密をめぐる物語。 (ハヤカワ文庫NV 全5巻)

ダフネ・デュ・モーリア 『埋もれた青春(ジャマイカ・イン)』
  1820年代のコーンウォール。若い女性が主人公のサスペンス小説。 (三笠書房)

ダフネ・デュ・モーリア 『レイチェル』
  19世紀中頃のコーンウォール。 (創元推理文庫)

クリスチアナ・ブランド 『領主館の花嫁たち』
  1840年~。ガヴァネスと双子姉妹。 (東京創元社)

マーガレット・アトウッド 『またの名をグレイス (上)・(下)』
  19世紀半ばのカナダ。実際にあった事件を基にしており、雇い主を殺害したとされるメイドが主人公。 (岩波書店)

マイケル・コックス 『夜の真義を (上)・(下)』
  19世紀前半~中頃。 (文春文庫)

コニー・ウィリス 『犬は勘定に入れません―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 (上)・(下)』
  ヴィクトリア朝。タイムトラベルもの。 (ハヤカワ文庫SF)

サラ・ウォーターズ 『荊の城 (上)・(下)』
  ヴィクトリア朝。掏摸の少女が令嬢の財産を騙し取るため、メイドのふりをして城館に潜り込む。 (創元推理文庫)

ロバート・ゴダード 『闇に浮かぶ絵 (上)・(下)』
  19世紀。(文春文庫)

ウィリアム・J・パーマー 『文豪ディケンズと倒錯の館』
  1851年。ディケンズが探偵役、ウィルキー・コリンズが語り手。 (新潮文庫)

ケイト・サマースケイル 『最初の刑事―ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件』
  1860年。『月長石』のモデルとなった事件と、スコットランド・ヤード刑事部創設時についてのノンフィクション。 (早川書房)

ピーター・キング 『辻馬車探偵ネッドの事件簿―ロンドン幽霊列車の謎』
  1869年。辻馬車の御者ネッドが探偵役。 (創元推理文庫)

アランナ・ナイト 『修道院の第二の殺人』 『エジンバラの古い柩』 『蒸気機関車と血染めの外套』
  1870年代。エジンバラが舞台。刑事ファロ・シリーズ。 (創元推理文庫)

ミッシェル・フェイバー 『天使の渇き』
  1870年代。小説を書く娼婦と、香水会社の跡取り息子。 (アーティストハウスパブリッシャーズ)

フィリップ・プルマン 『マハラジャのルビー』 『仮面の大富豪 (上)・(下)』 『井戸の中の虎 (上)・(下)』
  1872年~。「サリー・ロックハートの冒険」シリーズ。 (東京創元社)

サラ・ウォーターズ 『半身』
  1874年。孤独な令嬢と謎めいた霊媒の交流。 (創元推理文庫)

ギリアン・リンスコット 『推定殺人』
  1874年。アフリカ探検。 (現代教養文庫)

ロバータ・ロゴウ 『マーベリー嬢失踪事件―名探偵ドジソン氏』 『降霊会殺人事件―名探偵ドジソン氏』
  1885年~。チャールズ・ドジソン(ルイス・キャロル)が探偵役、ドイルが助手役。 (扶桑社文庫)

ナンシー・スプリンガー 『エノーラ・ホームズの事件簿―消えた公爵家の子息』 『エノーラ・ホームズの事件簿―ふたつの顔を持つ令嬢』 『エノーラ・ホームズの事件簿―ワトスン博士と奇妙な花束』 『エノーラ・ホームズの事件簿―令嬢の結婚』 『エノーラ・ホームズの事件簿―届かなかった暗号』
  1888年~。ホームズの妹が主人公。 (小学館ルルル文庫)

キャロル・ネルソン・ダグラス 『おやすみなさい、ホームズさん (上)・(下)』 『おめざめですか、アイリーン』
  19世紀末。「アイリーン・アドラーの冒険」シリーズ。 (創元推理文庫)

デイヴィッド・ピリー 『患者の眼 コナン・ドイルの事件簿』
  19世紀末。ホームズのモデルと言われるベル博士が探偵役、若き日のコナン・ドイルが助手役。イギリスドラマ「コナン・ドイルの事件簿」の小説化。 (文春文庫)

ベロック・ローンズ 『下宿人』
  切り裂きジャック事件(1888年)がモデル。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

アレックス・グレシアン 『刑事たちの三日間 (上)・(下)』 『刑事たちの四十八時間』
  1889年~。スコットランド・ヤード殺人捜査課。 (創元推理文庫)

レイ・ハリスン 『ジョン・ブルの誇り』 『下院議員の死』 『デスウォッチ』
  1890年~。ロンドン市警察の刑事ふたりの警察小説。 (創元推理文庫)

ジーン・スタッブス 『わが愛しのローラ』
  1890年。 (ハヤカワ・ポケットミステリ)

ジャイルズ・ブランドレス 『オスカー・ワイルドとキャンドルライト殺人事件』
  19世紀末。オスカー・ワイルドが探偵役。 (国書刊行会)

アン・ペリー 『十六歳の闇』 『娼婦殺し』
  19世紀。ピット警部シリーズ。 (集英社文庫)

アン・ペリー 『見知らぬ顔』 『災いの黒衣』 『護りと裏切り (上)・(下)』
  19世紀。ウィリアム・モンクシリーズ。 (創元推理文庫)

ピーター・ラヴゼイ 『殿下と騎手』 『殿下と七つの死体』 『殿下とパリの美女』
  19世紀末。殿下シリーズ。皇太子バーティ(のちのエドワード7世)が主人公。 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ピーター・ラヴゼイ 「クリッブ部長刑事&サッカレイ巡査シリーズ」
  ヴィクトリア朝。 (早川書房)

ダイアン・セッターフィールド 『13番目の物語 (上)・(下)』
  19世紀末~20世紀初頭。女性作家の回想。 (NHK出版)

ケイト・モートン 『リヴァトン館 (上)・(下)』
  20世紀初頭。メイドの回想。 (武田ランダムハウスジャパン RHブックス・プラス)

リース・ボウエン 『貧乏お嬢さま、メイドになる』 『貧乏お嬢さま、古書店へ行く』 『貧乏お嬢さま、空を舞う』
  1930年代。英国王妃の事件ファイルシリーズ。ヴィクトリア女王の曾孫の公爵令嬢ジョージーが主人公。 (原書房 コージー・ブックス)

コニー・ウィリス 『ブラックアウト』 『オール・クリア (1)・(2)』
  第二次世界大戦時。タイムトラベルもの。 (新ハヤカワ・SF・シリーズ)

サラ・ウォーターズ 『エアーズ家の没落 (上)・(下)』
  第二次世界大戦直後。 (創元推理文庫)

* Tag : 歴史/時代もの  

2011.05.04 15:41 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。