* Caramel Tea *

Reading Diary

2009年11月の記事一覧

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 11. 01

『メイク・ビリーブ・ゲーム』 リアノン・ラシター

Bad Blood (2007)
リアノン・ラシター 著 / 乾 侑美子 訳 / 小学館 (SUPAR!YA)
2009-08
[ Amazon ]

親たちの再婚で義理のきょうだいになった、ローリーとキャトリオーナ兄妹とキャスリンとジョン姉弟。しかし折り合いがいいとは言い難く、特に同じ「キャット」の愛称を持つキャトリオーナとキャスリンはいがみあってばかり。そんななか、一家は初めての休暇旅行で湖水地方を訪れる。滞在するのは、キャスリンとジョンの亡き母アンが少女時代を過ごした家で、フェル・スカー屋敷と呼ばれる大きくて古い館だった。そこで、キャトリオーナは「デリラとドローンたち」と名付けられた不気味な人形たちを、キャスリンは秘密の部屋と「メイク・ビリーブ・ゲーム」と記されたノートを見つける。やがて、屋敷のなかや周囲の森で奇妙な事件が次々と起きる……。

邦題の「メイク・ブリーブ・ゲーム」とは「ごっこ遊び」のこと。少女時代のアンが、友人のエミリーとシャーロットとともに行なった「メイク・ブリーブ・ゲーム」が暗い森の恐ろしい力を呼び覚まし、十数年のときを経て、その力が子供たちに襲いかかる。

「新しい家族」というYA的テーマを含んだ、サスペンスホラー。図書館の新刊棚で見かけて何気なく手にとってみたんだけど、私好みの要素も多く、「当たり」だった。デリラがどこまでもキャトリオーナを追いかけてくるところや、キャスリンが秘密の部屋で見つけた本の登場人物たちの名前が消されているところなど、かなりぞっとさせられた。(ホラーで人形が出てくるのって、ホント怖いです)

ちょっと不満だったのは、アンたち三人がなぜこれほどおぞましい空想を生み出し、それに没頭したのか(孤独な少女たちの「遊び」にしては病的すぎるように思える)、その背景があまり深入りせずにさらりと流されている点。
そして、終盤あたりのジョンは出来が良すぎだろ(笑)と思うと同時に、世界各国のジョンさんたちには甚だ失礼な話だと思った。

ちなみに、著者のリアノン・ラシターは、「ストラヴァガンザ」シリーズで有名な児童文学作家メアリ・ホフマンの娘さんなんだそうだけど、親の七光りでないことは確かだろう。
スポンサーサイト

2009.11.01 21:55 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。