* Caramel Tea *

Reading Diary

2009年10月の記事一覧

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 10. 19

『リヴァトン館』

The Shifting Fog (2006)
ケイト・モートン / 栗原百代 訳 / ランダムハウス講談社
2009-10
[ Amazon ]

老人介護施設で暮らす98歳のグレイス。ある日、彼女のもとを新進気鋭の映画監督が訪れる。1924年に「リヴァトン館」で起きた悲劇的な事件を映画化するにあたり、ただひとりの生き証人であるグレイスにインタビューしたいと言う。封じ込めていた「リヴァトン館」でのメイドとしての日々がグレイスのなかで鮮やかに甦る。ふたりの美しいお嬢様、苦悩する詩人、厳格な執事、贅を尽くした晩餐会――そして、墓まで持っていこうと決めたあの悲劇の真相も。死を目前にした老女が語り始めた真実とは……。 (カバー折込より)

帯の「ゴシック風サスペンス」という文字に見事釣り上げられて、飛びついてみたけれど……最後まで「どこが“ゴシック風サスペンス”なんだろう?」と首をひねりながら読み終えることになりました。

「悲劇の事件」――ハンナとエメリンの令嬢姉妹が目撃した詩人ロビーの自殺の真相、というミステリーは終盤まであまり前面に出てこず(冒頭からあまり興味を惹きつけられる謎でもないし、その事件の真相と過程も正直言って陳腐だ)、第一次世界大戦によって、個人が、社会が、上流階級が、使用人たちの世界が大きく変わりゆくさまが、メイドであるグレイスの眼を通して語られる、というのが物語の中心となっています。
しかし、その時代背景描写をこなしていくことに筆をとられてしまっている印象があり、ちょっと表面的な話に感じられたというか、物語世界にどっぷり浸るということはできなかった。(私はこの手の物語に、その作者ならではの独特な物語世界とか、時代の流れなんて関係ない閉じた世界を期待してしまっているのかも)

ちなみに、この作品はオーストラリアの作家のデビュー作で、訳者あとがきによると、2作目は東京創元社から刊行予定があるとのこと。
スポンサーサイト

2009.10.19 23:21 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学

2009. 10. 04

上海旅行

先週末に、上海へ旅行にいってきました。
蘇州観光(留園、運河遊覧など)もセットになった、3泊4日の格安ツアーで。

東方明珠塔と上海ヒルズ(中央奥のビル)上海は、人もめちゃくちゃ多くて、かなりの都会に感じられました。
奇抜な形の超高層ビルが秩序も何も関係なしに乱立していて、なんだか映画の世界のような景観。
でも、その足元を見ると、古い家があって、洗濯ものがあられもなく干してあったり、食べ物屋の軒先の白いプラスチックのテーブルで朝食をとっている人がいたり、ボロいバイクや自転車の大群が走り回っていたり、とっても庶民的。
そのギャップが、不思議でおもしろいところでした。
※左の写真は、東方明珠塔(上海のテレビ塔)と、上海ヒルズ(中央奥のビル)です。(適当に画像縮小したら画質悪いなあ……。夕方だから画面暗いし)

上海では来年、万博が開かれることもあって、あちこちで工事しまくってました。
びっくりしたことには、泊まったホテルも、エントランス部分がまだ工事中だった……! 去年末に開業したばかりという触れ込みでしたが、デラックスクラスなのに格安なのにはこういう理由があったのか(笑)。客室や朝食バイキングはなかなか良かったけど。
毎朝、手作業ながら着々と工事を進めているのを横目にみながら、移動用のバスに乗りこんでました。
これから上海へ行くなら、万博に合わせて行くか、終わってからのほうがいいと思う。

食事はあまり期待していなかったのですが(中国の料理はあまり口に合わなかったと北京へ旅行した人から聞いていたのと、中国に限らずツアーパックの食事というのは大抵おいしくない)、予想していたよりはおいしかったです。肉類や魚介類はあまり出なくて(上海蟹や蘇州名物の揚げ魚のあんかけは食べましたが)、野菜中心の料理で、特に青菜類の炒め物がシャキシャキでおいしかった。

中国ではちょうど中秋節(十五夜)の直前で、あちこちで月餅が売られていて、地元の人たちが次々と買い求めていました。日本で、お正月にお餅を買うような感覚かな?
上海第一食品商店(食べ物のデパートみたいなところ)でも、月餅のコーナーが大々的に設けられており、お客さんたちでごったがえしていました。個別包装のミニサイズの月餅が500グラムいくら(約10個)の量り売りになっていて、人数の多い職場でのバラマキ土産用にちょうど良かったです。(正直、中国製の食品をもらっても嬉しくない人がいるのはわかっているけど、食べ物以外に買えるようなものもないからなあ……)
家族用には普通サイズの月餅を買って帰ったんですが、食べてみたら、かなり美味しかったです。
ちなみに月餅にもいろいろあって、茶色い皮のもの(日本の中村屋で売っているタイプ)を広州式、パイみたいな皮のものを蘇州式と言うそうです。ハーゲンダッツでは、月餅の形をしたアイスが売られているらしい……(店の外にポスターが貼ってあるのを見た)

格安ツアーのせいか、シルクだの蘇州刺繍だの中国茶だの、あちこち土産物屋に連れて行かれたのには閉口しましたが、そのほかはあの値段にしては満足できるツアーでした。楽しかった。

2009.10.04 23:20 | Comments(0) | Trackback(0) | その他の話題・雑記

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。