* Caramel Tea *

Reading Diary

2008年01月の記事一覧

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2008. 01. 28

『オーランドー』 ヴァージニア・ウルフ

Orlando: A Biography (1928)
ヴァージニア・ウルフ / 杉山洋子 訳 / 国書刊行会
世界幻想文学大系39
[ Amazon ]

(左の表紙画像とリンク先はちくま文庫版)

オーランドーとは何者? 36歳の女性にして360歳の両性具有者、エリザベス1世お気に入りの美少年、やり手の大使、ロンドン社交界のレディ、文学賞を受賞した詩人、そしてつまりは…何者? 性を超え時代を超え、恋愛遍歴を重ね、変化する時代精神を乗りこなしながら彼/彼女が守ってきたもの。奇想天外で笑いにみちた、再評価著しいウルフのメタ伝記。 (ちくま文庫版の内容紹介より)

読んでいる最中はあまりページが進まなかったのですが、読み終えて振り返ってみると、おもしろかったなあ、と。
少しずつ年を取りながらエリザベス1世の時代からずっと生きてきて、さらに途中(30歳のとき)まで男性だったのにある日目覚めてみたら女性になっていたオーランドー。伝記風に書かれたオーランドーの人生を通して、エリザベス朝から1928年(作品が発表された年)までの360年間のイギリスの歴史と時代が移り変わりゆく様を眺めるような感じで、そのなかに各時代の文化・社会批評や文学批評などが盛り込まれています。さらにオーランドーが男であること・女であることの両方を経験し、双方の感情を理解できる立場になったことから、男女論のようなものも繰り広げられます。まあとにかく様々な事柄についてのウルフの見解が詰め込まれていて、それらがウルフのおしゃべりのごとく少々饒舌にユーモラスに語られるのが楽しかったです。それに、オーランドーが超越したような存在ではなく、その時その時の風潮に影響を受けがちである(書いている詩の文体・内容も変化していく)ところも、なかなかおもしろかったな。
(ところで、社会風刺のなかでも特にヴィクトリア朝が槍玉に挙げられていたのは、モダニズムの作家であったウルフにとっては、やはり好きになれない時代だったのかな~)

この作品は、ウルフの恋人だったヴィタ・サックヴィル=ウェスト(有名な庭―シシングハースト庭園を造った人ですね。私にとってはそっちの印象のほうが大きいや)に捧げられていて、オーランドーはこのヴィタがモデルなんだそうです。さらに、エリザベス1世の親戚かつお気に入りの臣下であったり、大使となって異国へ出向いたり、というオーランドーの経歴は、ヴィタの生家で英国貴族だったサックヴィル家の先祖たちのものの組み合わせなのだとか。(オーランドーの住む館もサックヴィル家の大邸宅ノールがモデル)

このように、イギリスの文学史でもあり、社会史でもあり、ジェンダー文学でもあり、ヴィタの伝記でもあり、サックヴィル家の伝記でもあり、それ以外にも様々な要素が重ねあわされていて、奇想天外でにぎやかな物語でした。
スポンサーサイト

* Tag : 歴史/時代もの  

2008.01.28 19:44 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学-20世紀前半

2008. 01. 20

『ジーヴスと恋の季節 ウッドハウス・コレクション(8)』

Amazon.co.jp で詳細を見るThe Mating Season (1949)
P・G・ウッドハウス / 森村たまき 訳 / 国書刊行会
[ Amazon ]

アガサ伯母さんの命によって、五人のおばさんがひしめき合うキングズ・デヴリルのデヴリル・ホールへ赴き、村のコンサートに出演することになったバーティー。そこでは、友人キャッツミート、その妹で映画女優のコーキー、屋敷の若当主エズモンド・ハドック、その従姉妹のガートルード、さらにガッシーとマデラインなど、四組のカップルの恋愛が進行中だった。しかし、ある事情からバーティーと友人たちはお互いの立場を交換してデヴリル・ホールへ乗り込むことになり……。

"The Mating Season" って直訳してみると身も蓋もない原題だなー(笑)。 まあその題のとおり、四組のカップル(+α)の恋愛模様がこんがらがりまくり、それをジーヴスが見事解決するお話です。
あいかわらず、友達思いゆえに困ったはめに陥るのが気の毒なバーティー(もっとも彼自身が事態をさらにややこしくしたりするわけですが)。で、最後のオチもいつものアレかと思いきや……うおお、すごく気になる終わり方だ~。その先が読みたいです、ウッドハウス先生! でも、やはりあそこで終わってこそですよね、ウッドハウス先生!
あの後どうなったのかな~。バーティーのためには、うまくいったと思いたいですが……でも、バーティーはバーティーだからなあ……(笑)。
あと、ドブズ巡査に関する件で、バーティーがジーヴスに対して心中密かに恐怖をおぼえる場面にウケた(笑)。


※ ジーヴス・シリーズ登場人物リストに、本書の分を追加しました。
http://www012.upp.so-net.ne.jp/carameltea/book/jeeves.html

* Tag : P・G・ウッドハウス  

2008.01.20 15:29 | Comments(4) | Trackback(1) | 海外文学-20世紀前半

2008. 01. 18

いろいろ

Amazon.co.jp で詳細を見る年が明けたら心機一転……とか言っておいて絶賛放置中でした。とほほ…。まあいつものことだけど(笑)。
本のほうは、去年から読みかけだったスタージョンの新刊をやっと読み終わり、ウッドハウスの新刊をちびちび読んでいる最中です。その次はマーシュの新刊の予定。その後には、スカーレットやアリンガムやジョーンズの新刊が待ち受けています。来月にはマキリップとイヴァノヴィッチ(プラムシリーズ)の新刊も出るし、お気に入り作家の邦訳新刊追っかけるだけでアップアップだなんて、嬉しい悲鳴だわ(笑)。それにしてもすごい翻訳ラッシュだな。


ブログ更新をサボっている間に、本サイトのほうに置いてあった過去の感想文(2001年11月~2004年12月分)を少し整理しました。
おもしろくなかった本と、あまりにもいい加減すぎる感想のものを消して、ちょっとスッキリ。
最初の頃に書いた文章を見直していると、もう6年も前だけど、やたらテンションが高いなー。
でも、あの頃のほうが今よりも楽しく本を読んでいたような気がします。
こうやってブログで本の感想を書いていると、ついつい批判的というか粗捜しっぽくなってしまうんですよね。
でも、所詮私は「楽しむために本を読んでいる素人読者」でしかない。もちろん全てを無批判に受け入れろとは言わないけれど、結局は「楽しんだ者勝ち」だよね。今年はそのスタンスで行きたいと思います。
……と、ああまた、何が言いたいんだかよくわからないことを書いてしまった。

2008.01.18 19:18 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2008. 01. 05

今年もよろしくお願いします

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
2008年もマイペースで更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
今年一年、楽しい読書生活が送れますように。



実は去年からあるものをちょこちょこ作っていまして、年末年始のヒマな時間でなんとか形にしてみました。

19世紀イギリス文学翻訳本リスト

「次に何読もっかなー」というときに参考にするための自分用メモみたいなものなんですが、あれもこれもと詰め込んでいたら、なんだか収拾がつかなくなってしまった……。
背景色が微妙に変わっているのは既読の本です。(自己満足用)
詩人がごそっと抜けていますが(私の守備範囲外なので)、気が向いたら付け加えておきます。

こうして調べてみると、19世紀英文学って結構たくさん翻訳されているものなんですねー。
リスト作っているうちに読みたい本が大分増えてしまった~。

2008.01.05 23:30 | Comments(4) | Trackback(0) | 海外文学-19世紀

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。