* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2007. 11. 29

『プリンセス・オヴ・ウェールズ―英国皇太子妃列伝』

Amazon.co.jp で詳細を見るデボラ・フィッシャー / 藤沢邦子 訳 / 創元社
[ Amazon ]

表紙ではダイアナさんが目立ってますが、別に彼女メインの本ではありません。歴代の9人の「プリンセス・オヴ・ウェールズ」を紹介した本。ウェールズ生まれの著者にとって「プリンセス・オヴ・ウェールズ」は「英国皇太子妃」という以上の意味があるみたいだけど、それは横に置いておいて。

シェイクスピアの 『リチャード三世』 を読んで以来、その妻だったアン・ネヴィルに興味が出てきて、この本を手にとったのも彼女のことが載っていたからです。アンは夫のグロスター公リチャードが王に即位したために王妃になりましたが、皇太子妃だったのは、最初の夫がヘンリー六世の皇太子エドワードだったからでした。そのエドワードは宿敵ヨーク家との戦いで敗死、アンは翌年、ヨーク家の重要人物であるグロスター公リチャードと再婚します。どうして前の夫の仇とも言える男などと結婚したのか詳しいことはよく分からないようなんですが、この二人、実は子供の頃は同じお城で暮らしていたんですねー(リチャードがアンの父・ウォリック伯の庇護下にあったため)。おお、なんと幼馴染みだったとな! 幼い頃を近くで過ごした二人が、やがて夫を殺された女とその夫を倒した男として再会、のちに結婚するわけです。歴史的考察なんぞどっかへブッ飛ばして妄想の翼を広げてみれば、そこらへんのロマンス小説や少女マンガも裸足で逃げ出すような、ドラマチック設定ではありませんか。いや、本国イギリスでは、これをネタにロマンチック歴史小説を書いちゃった人(それも複数)がいるに違いない。



と、鼻息を荒くしながら、昨日ここまで書いたのですが、今日寄った本屋でそのものドンピシャリな本を発見!

Amazon.co.jp で詳細を見るリチャード三世を愛した女
ジーン・プレイディー / バベルプレス

「キングメーカー・ウォリック伯を父にもつ少女アン・ネヴィルはグロスター公リチャードとの間に淡い思いを通わせていた。だが、父と国王の不和をきっかけに、アンも激動の乱世の渦中に投げ込まれる――。同盟関係がめまぐるしく変転するばら戦争の進行を、敵味方に引き裂かされながらもリチャード三世と添い遂げ、イングランド王妃にまでなったアンの視点を通して描き出す」

このジーン・プレイディーというのは、あのヴィクトリア・ホルトの別ペンネームだそうです。そういえば、『プリンセス~』の巻末の参考文献のところに、歴史小説の中のお薦めとして「ジーン・プレイディー」の名が挙げられていたなー。(「ヴィクトリア・ホールの筆名のひとつ」と訳されていたけど、ホルトのことだったのね)



えーと、元の本のことに戻って。
他に興味を持って読んだのは、夫のジョージ四世に超絶嫌われた妃キャロライン・オヴ・ブランズウィック。同時代のジェイン・オースティンが摂政皇太子時代の夫妻の諍いについて私信で触れていて(岩波文庫 『ジェイン・オースティンの手紙』 参照)、ジョージをけちょんけちょんに貶す一方で、キャロラインに対しては同情的に書いています。しかしそのオースティンに嫌われていたジョージ本人はオースティン作品の大ファンで、彼女に会いたいと招待するほどだったのは、なんという皮肉(笑)。
スポンサーサイト

* Tag : 歴史/時代もの  

2007.11.29 23:40 | Comments(0) | Trackback(0) | その他の話題・雑記

2007. 11. 27

停滞中

相変わらず、読書が進んでいません。
どうもイマイチな本が続いて(前回書いた本の後にも、国内本を一冊読みかけてすぐに投げた)、新しい長編に手を伸ばす気になれず……。
今は英国史関連の本をパラパラと拾い読みしています。

ブログの更新も滞り気味になっていますが、感想書きそびれている本がここ半年で4冊ほどあるので、この隙(?)に書きたいと思っています。
あー、でも、右サイドバーのAmazonウィジェットの「読みたい新刊」は結構こまめに更新しているので、よろしければご覧ください。表紙画像にポイントを当てると、出版社の内容紹介文が読めるようにしてあります。
(なんか支離滅裂な文章になった……。ついでに上記のイマイチ本のなかの一冊↓)

***********************************************

Amazon.co.jp で詳細を見る陰陽屋へようこそ
天野 頌子 / ポプラ社 (2007-09)

美青年ニセ陰陽師と、妖狐男子中学生!? へっぽこ主従が街の小さなやっかいごとに立ち向かう、ご近所ほのぼのミステリ! 王子稲荷に見守られるのんきな商店街にある日現れたあやしい店、陰陽屋。店主とアルバイトのへっぽこコンビがお悩み解決いたします! (帯より)

主人公の少年・瞬太が妖狐である以外は、超自然的要素は出てこない日常の謎系もの。
「設定がなんてありき(ry」と思いつつも、同じ著者の「警視庁幽霊係」シリーズが結構好きなので読んでみましたが、キャラにも事件にも魅力がない……。特に第四話での祥明の家族の出し方が、かなり無理矢理&意味なし。
それに、特に陰陽師のお店だからこそという事件がなくて、単なる占い屋やよろず引き受け業などでも成立する話なのでは……。

* Tag : 天野頌子  

2007.11.27 22:57 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2007. 11. 20

『怪人エルキュールの数奇な愛の物語』 カール=ヨーハン・ヴァルグレン

Amazon.co.jp で詳細を見るDEN VIDUNDERLIGA KÄRLEKENS HISTORIA (2002)
カール=ヨーハン・ヴァルグレン / 立石光子 訳 / ランダムハウス講談社
[ Amazon ]

十九世紀初頭のドイツ。同じ吹雪の晩に同じ娼館で二人の子どもが生まれた。一人は愛らしい女の子ヘンリエッテ。もう一人は、世にも醜い怪物エルキュール。肌は奇妙な鱗に覆われ、耳も聞こえず、口も利けない。その代わり、彼には類稀なる力があった――人の心を読むという特別な力が。だが、特異な容姿と能力ゆえに少年は人々から畏れられた。見世物小屋、病棟監禁、悪魔裁判……。数々の受難が襲いかかるなか、彼の生きる希望はただ一つ、「生き別れになった最愛の人、ヘンリエッテにもう一度逢いたい」。愛と憎悪のなかで生きていく心優しき怪物の生涯を描いたスウェーデンの大ベストセラー。 (カバー折込より)

脇役の来歴など本筋とたいして関係ないところは細かく書き込んであるのに、肝心の主人公の描写が物足りず、あまりおもしろくなかった。
エルキュールとヘンリエッテの強い結びつきと深い愛情が物語の核であるはずなのに、その礎となっている共に過ごした子供時代の二人の絆は「説明」されるだけで「描写」されていないので、離れ離れになってしまったヘンリエッテを激しく追い求めるエルキュールの心情が、読んでいる側に実感として伝わってきません。それは、エルキュールがある事件をきっかけに自分に害なしてきた者たちに復讐していく後半部分も同じ。その復讐の様子は細々と書き込まれている反面、エルキュールの憎悪と悲しみが伝わってくる場面がほとんどないもんだから……。そもそも、その主人公のエルキュールにしたって、外面の醜さは細かく描写されているのに対して性格の描写が少ないので、どういう人物なのかいまいち把握しづらい。ヘンリエッテもそう。
19世紀ヨーロッパの文化・風俗・宗教・社会情勢などは結構詰め込んでありますが、それも結局ただの羅列に終わっているので、たいしておもしろいものではありませんでした。

* Tag : 歴史/時代もの  

2007.11.20 23:37 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学

2007. 11. 15

『シャーロット・テンプル』 スザンナ・ローソン

Amazon.co.jp で詳細を見るCharlotte Temple, A Tale of Truth (1791)
スザンナ・ローソン / 山本典子 訳 / 溪水社
[ Amazon ]

家族に愛されて育った心優しく美しい少女シャーロット・テンプルは、寄宿学校からの外出中、陸軍中尉の青年モントラヴィルと出会う。寄宿学校の放埓な教師ラ・ルー嬢の手引きによって逢瀬を重ね、愛し合うようになる二人。やがてアメリカ独立戦争に赴くことになったモントラヴィルは、シャーロットをアメリカに一緒に連れていきたいと願う。彼を深く愛しながらも家族への愛情からそれを拒否したシャーロットだったが、モントラヴィルとラ・ルー嬢によって強引に連れ出され、アメリカへと渡ることになる……。

アメリカで最初にベストセラーになった小説、だそうです。(ちなみに著者はイギリス生まれ)
駆け落ち(というより半ば誘拐)状態でイギリスからアメリカへと渡った中産階級の少女が、財産も身分もないことから結婚してもらえず、さらに彼女が浮気をしたと思い込んだ相手の男に身重の状態で捨てられ、苦労を重ねる……という話。
若い女性に向けて「シャーロットのような悲惨な目にあわずに済むよう十分に気をつけましょう」と警告する意図で書かれたものらしいですが、読み終わってみると印象に残っているのはそんな教訓よりも、シャーロットのような境遇の女性(結婚をエサに男に誘惑され、道を踏み外してしまった娘)たちに寄せる同情、「彼女たちの親身になってあげましょう」というメッセージのほうで、著者の本心もそちらにあったのではないかと思えます。
シャーロットが産んだ娘ルーシーの話で 『ルーシー・テンプル』 という続編もあって、そちらも翻訳されているようです。

ところで、シャーロットを捨てたモントラヴィルは、ボストンの資産家の娘であるジュリアと結婚することになります。でも、モントラヴィルはもともと、イギリス陸軍の軍人として独立戦争でアメリカ側と戦うためにアメリカへやってきたんじゃなかったっけ? 彼は立場的にどうなってるんだ……?

2007.11.15 23:08 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学-19世紀

2007. 11. 08

世間では読書週間真っ最中ですが

またもや読書とは別のあることにハマってしまい、まったくと言っていいほど本が読めていません…。
読みたい本はいっぱいあって積んであるのに。
おまけに今月は、スタージョンナイオ・マーシュの待望の新刊が出るというのに!
でもまあ、普段からいつも本読んでるから、読書週間中くらいは逆に本を読まない期間でもいいかもしれない(笑)


ところで来年、宝塚でミュージカル「スカーレット・ピンパーネル(紅はこべ)」をやるみたいですね。
宝塚では以前にも「紅はこべ」をやったことがあるのは知っていましたが、今回はブロードウエイ・ミュージカル版の上演のようです。
ブロードウエイ・ミュージカル「THE SCARLET PIMPERNEL」の公式サイトはこちら ↓
http://www.thepimpernel.com/
(「Gallery→Audio Clips」で歌を聴くことができます)

2007.11.08 22:41 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。