* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2007. 02. 28

『鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選』

Amazon.co.jp で詳細を見る梅田正彦 訳 / 鳥影社 2006-12
[ Amazon ]

ローダ・ブロートン 「鼻のある男」
イーディス・ネズビット 「すみれ色の車」
ルイザ・ボールドウィン 「このホテルには居られない」
D・K・ブロスター 「超能力」
ヘンリエッタ・D・エヴェレット 「赤いブラインド」
アミーリア・エドワーズ 「第三の窯」
キャサリン・ウェルズ 「幽霊」
メイ・シンクレア 「仲介者」

19世紀後半から20世紀前半のイギリス女性作家8人の怪奇小説アンソロジー。
強く印象に残ったのは、なんといっても、メイ・シンクレアの中篇「仲介者」。ネグレクトの話と幽霊譚が巧みに組み合わされた秀作。激しい気性の持ち主であることから、それを疎んだ夫の精神的暴力に苦しめられることとなり、その鬱積した感情を幼い我が子に向けるようになる女性の歪んだ心理を、著者は見事に描き出しています。そんな母親の哀れさ(もちろん幼児虐待はどんな場合でも許されないことですが)、一途に母の愛情を求める子供の哀れさに強く胸を打たれました。これこそ現代にも通じる作品だと思いますが、1932年にこんな話が書かれていたんですねえ…。
他の作品は、怪異現象や幽霊の正体や由来をあまりはっきりと書かない、どちらかといえば曖昧な話が多いかな。

あと、イギリス怪奇小説史における女性作家たち、そして「ゴシック・ロマンス」から19世紀半ばの「怪奇小説」への移り変わり、両者の違いについて述べられている巻末の訳者解説は、参考になります。
スポンサーサイト

2007.02.28 23:32 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2007. 02. 26

『ガラスのなかの少女』 ジェフリー・フォード

Amazon.co.jp で詳細を見るThe Girl in the Glass (2005)
ジェフリー・フォード / 田中一江 訳 / ハヤカワ・ミステリ文庫
[ Amazon ]

1932年、大恐慌下のアメリカ。メキシコ出身の少年ディエゴは、インチキ霊媒師シェルの助手。父親代わりでもあるシェルや大男アントニーとともに、金持ち相手に降霊会を開いては大金を巻き上げていた。ある夜、降霊会でシェルが不思議な現象に遭遇する。窓ガラスに突如、小さな女の子の姿が浮かび上がったというのだ。数日後、その少女が町の名士バーンズの娘シャーロットで、行方不明になっていることを知った一行は、シャーロットの行方を追い始めるのだが…。

2006年度エドガー賞最優秀ペイパーバック賞受賞作。
フォードのこれまでの翻訳作品からして幻想的なサスペンス系かと思いきや、現実的な探偵物語でした。サラ・ウォーターズの 『半身』 かと思って読んでみたら、ドン・ウィンズロウの 『ストリート・キッズ』 だった、って感じだ。(ちょっと的外れな例えかも?)
主人公ディエゴやシェルたちのキャラクターやそれに付随するエピソードで読ませるタイプの話で、ミステリー作品としては行き当たりばったり気味というか、全体的に詰めが甘いようなのが気になる。モーガンの扱いとかシェルの真意とか。
で、上で 『ストリート・キッズ』 を例に出しましたが、ディエゴの境遇の一部がニール・ケアリーを彷彿とさせるんだよね(性格は全然違うけれど)。ディエゴとシェルの師弟&疑似父子関係も、ニール&グレアムに重ね合わせることができるし。

ところで、フォードの作品はどれも、女性登場人物のほうが男性よりも積極的なのね(笑)。

* Tag : ジェフリー・フォード  

2007.02.26 22:45 | Comments(0) | Trackback(1) | ミステリ&サスペンス

2007. 02. 25

模様替え

前の記事に書いたように、模様替えしました。
ちょうど2年前にfc2blogに乗り換えてからはずっと既存のテンプレートを借りて使っていたのですが、今回は自分で一からカスタマイズしてみました。といっても、「自作」と言えるほどたいしたデザインでもないわね…。しかも、以前livedoorblogを使っていたときに、自分で作って使用していたテンプレートの使いまわしだったりします…(ライブドアのほうがカスタマイズが簡単だった。fc2は自由度が高い分、タグとかがたくさんあって、HTMLやCSSがぐちゃぐちゃに…)
自作したときに心配なのが、他のブラウザでもちゃんと見られるかどうか。IE7&6、最新版のFirefox、Netscape、Operaで確認してみたところ、
 IE7 ◎ (私が意図したとおりに見られる)
 IE6、Firefox、Netscape  (ほぼ意図したとおりに見られる)
 Opera △ (多少見た目は違うけれど問題なし)
ってかんじでした。Macまではわかりません。
IEはつい最近6から7にバージョンアップしてみたのですが、タブブラウザになったんですね。使いなれると、結構便利かも。でも、リンク先をうっかり別ウィンドウで開いてしまったりすると、かなりの頻度でブラウザが落ちてしまうのが困りものだ…。


***********************************************

話変わって。
クリストファー・プリースト 『奇術師』 の映画化作品「The Prestige」の日本版公式サイトができていました。

http://illusion.gyao.jp/

邦題は「イリュージョンVS(ヴァーサス)」だってさ…。原題をそのままカタカナにして(たとえ安直だとしても)「プレステージ」じゃダメだったのかな…。
ところで読書中の 『ガラスのなかの少女』 に、いんちき霊媒師がトリックを駆使して降霊会を開く場面が出てくるのですが、この 『奇術師』 を思い出しながら読んでいました。(エンジャが似たようなことやってたよね?)

※ 追記: 結局、「プレステージ」という題名に変更になったようです。
http://prestige.gyao.jp/

2007.02.25 22:49 | Comments(2) | Trackback(0) | その他の話題・雑記

2007. 02. 23

フォード×2

ここ数日、本もロクに読まず、感想文も書かずに、ブログのテンプレート作りに没頭していました。
微調整が必要なので、まだ変えられないけれど。

で、読書中だったジェフリー・フォード 『記憶の書』 は全然進まず。
おまけにこれ、落ち着いて読まないと内容が頭のなかに入ってこなくて、今のように気が散っている状態のときには向かないみたい。
今日買ってきた 『ガラスのなかの少女』 のほうが読みやすそう…。
というわけで、『ガラス~』 を先にして、『記憶の書』 のほうはもっと落ち着いて読めるときまで寝かせておくことにします。

『ガラスのなかの少女』 、ちょっと読んだところでは、舞台は1932年のアメリカ、インチキ霊媒師の助手をしている少年が語り手みたいです。

2007.02.23 22:36 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2007. 02. 15

『コーンウォールの聖杯』 スーザン・クーパー

Over Sea, Under Stone (1965)
スーザン・クーパー / 武内孝夫 訳 / 学習研究社
[ Amazon ]

三人の子どもたちが、夏休みにコーンウォール地方の町を訪れた。三人は、滞在している古い屋敷「グレイ・ハウス」の屋根うら部屋から、七百年前にかかれたアーサー王伝説をめぐる秘密の古文書を発見する。その古文書には、「闇」の世界と戦う騎士たちに受け継がれてきた「聖杯」のことがかかれていた。聖杯はアーサー王の実在を証明することになるのだが…。イギリス人の作家スーザン・クーパーの初期の作品で、この後発表された「闇の戦いシリーズ」の『始まりの物語』ともいうべき作品。

改訳新装版が刊行されはじめたので、これを機に「闇の戦いシリーズ」を読んでみようかと。
この 『コーンウォールの聖杯』 はシリーズ前史にあたる番外編らしく、ネット検索してみたら、『光の六つのしるし』 の前に読め、いや 『光~』 を先に読んだほうがいい、と意見が分かれるようでしたが、原書刊行順が先のこちらから読みました。
ドルウ家の三人の子供たちが古文書を発見し、そこに書かれた聖杯に似せたカップを探すという冒険が始まるが、悪の一味がそれを奪おうとし……というストーリー。話の背景がよく見えないという点で、これ単体としてはちょっと物足りないな。シリーズの始まりの物語なんだと言われれば納得がいくけど。
あと、ドルウ兄弟は末っ子バーニイ以外はあまり好きになれない子供たちだね。兄のサイモンはやたら威張り屋だし、長女ジェーンはステレオタイプの「女の子」キャラだし。

ところで、この作品はアーサー王伝説が下敷きになっているわけですが、やっぱりアーサー王物語勉強しなきゃダメかなあ……。
前にもちょろっと書いたけれど、騎士物語にはあまり興味がないので、これまでアーサー王関連にも断片的にしか触れたことがなかったのでした。
イギリスのファンタジーをちゃんと読もうと思ったら、アーサー王物語は絶対に押さえておかなきゃいけないよね……。なにか読みやすい入門書でもないかなあ。

* Tag : 「闇の戦い」シリーズ  

2007.02.15 23:40 | Comments(2) | Trackback(0) | SF&ファンタジー

2007. 02. 12

『赤い右手』 ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ

The Red Right Hand (1945)
ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ / 夏来健次 訳 / 国書刊行会
世界探偵小説全集24
[ Amazon ]

結婚式を挙げに行く途中のカップルが拾ったヒッチハイカーは、赤い眼に裂けた耳、犬のように尖った歯をしていた……。やがてコネティカット州山中の脇道で繰り広げられる恐怖の連続殺人劇。狂気の殺人鬼の魔手にかかり、次々に血祭りに上げられていく人々――悪夢のような夜に果して終りは来るのか? 熱に憑かれたような文体で不可能を可能にした、探偵小説におけるコペルニクス的転回ともいうべきカルト的名作、ついに登場。

去年セオドア・ロスコーの 『死の相続』 が出たときに引き合いに出されることが多かったので、今さらながら興味を持って読んでみたんですが…。
……すっかり騙されました。作者の術中にまんまと嵌ってしまった。釈然としない部分もあるのだけど、最終的には楽しませてもらったから、まあいっかー、という気分。
冷静に考えてみればかなり無茶苦茶なアイデアを、読者に有無を言わさず読ませてしまう作品に仕立ててしまったというところがすごい。

* Tag : 世界探偵小説全集  

2007.02.12 23:09 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2007. 02. 03

『陸小鳳伝奇(1) 金鵬王朝』 古龍

Amazon.co.jp で詳細を見る陸小鳳伝奇 (1976)
古龍 / 阿部敦子 訳 / 早稲田出版 2006-05
[ Amazon ]

江湖の遊侠児、陸小鳳は四本眉毛の異名をもつ、女泣かせな男。ある日、陸小鳳は、相棒の花満楼とともに、滅亡した金鵬王国の美貌の公主と出会った。王国再興のために、略奪された財宝の捜索を引き受けた二人は、天下無双の剣豪、西門吹雪を助っ人に、略奪者たちを追う。様々な陰謀が、めまぐるしく蠢く。そして暴かれた真相は、あまりにも意外なものだった!

数年前の学生時代、暇な昼間にテレビつけたらやってた「決戦・紫禁城」という香港映画、アンディ・ラウとかヴィッキー・チャオが出てるB級ノリのアクション時代劇なんですが、なんともなしに観始めたらおもしろかったんですよ。で、小学館文庫から原作本が出ている(正確に言えば映画化されたのは陸小鳳シリーズの3作目「決戦前後」。翻訳は1作目だけで省略部分もあるらしい)と知って読みたいと思っていたところ、どっかのブックオフで見つけたので買ったんですよ。で、結局買っただけで積読になっていたんですが、なんと去年、他の出版社さんからその陸小鳳シリーズが完訳版で刊行され始めたんですよ。

と、前置きが長くなりましたが、そんなわけで読んでみました、陸小鳳シリーズの1作目。
どんでん返しが連続するスピーディーな展開、エンターテイメントの王道って感じで、楽しかった~。次から次へとなんだか凄そうな刺客が出てきては、名前も覚えられないうちに次から次へと殺されていく話、という印象もあるけど(笑)
なんといっても、登場人物のキャラが立ってます。口ひげがトレードマークの風来坊・陸小鳳、その親友で盲目の美青年剣士(しかも名門の御曹司)花満楼、孤高の剣豪・西門吹雪(初登場時の「西門吹雪に降りかかるのは雪ではない。剣に散る血の花だ」って文章がすごい)。それに、この話の依頼人の丹鳳公主とその従姉妹の飛燕のワケありげな美女たち、そして飛燕の妹の小悪魔少女・雪児。「西門吹雪さま、ステキ~」「私は花満楼のほうが好き」「陸小鳳はあんたにあげるわ」と男の品定めを始める、刺客の美少女四人組の存在も楽しい(笑)。ちなみに私のひいきは、花満楼だ。「世界は美しいんだよーハハハー」と天然お坊ちゃん状態だった彼が、ある人物の死や裏切りなどを通して、ちょっとずつ陰翳を帯びていく様子がいいですね~。
続きも近いうちに読まなくちゃ。今のところ、3作目まで出ているようです。

ところで、西門吹雪はどこ行っちゃったんだ? (まあ、次作で出てくるんだろうけど…)

2007.02.03 21:31 | Comments(2) | Trackback(0) | 海外文学

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。