* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2005. 08. 29

『黒い蘭の追憶』 カーリーン・トンプスン

Amazon.co.jp で詳しく見るBlack for Remembrance (1991)
カーリーン・トンプスン / 田邊亜木 訳 / ハヤカワ・ポケットミステリ
[ Amazon ]

キャロラインの5歳の娘ヘイリーが誘拐され、惨殺体で発見された。犯人が捕まることなく19年の歳月が過ぎ、キャロラインはつらい記憶を抱え込んだまま、新しく幸せな家庭を築いていた。しかし、ヘイリーが生きていれば24歳になる誕生日、どこからともなくヘイリーの声が聞こえてきたのをきっかけに、キャロラインの周囲に死んだはずのヘイリーの影が見え隠れするようになる。さらに、19年前の事件の関係者たちが次々と惨殺され、そのあとには「ヘイリーへ 思い出の色は黒」というメッセージの添えられた黒い蘭の花束が…。

これはおもしろかった!
ここ数年で読んだ海外の現代女性作家によるサスペンス小説のなかでは、いちばんと言っていいほどの出来です。他のサスペンス小説は「物語の雰囲気は素晴らしい、でもミステリの部分があっけない」という作品が多い中、これは途中の雰囲気・サスペンス度ともに文句なしなうえに、事件の真相の意外性・衝撃度もバッチリ。これでデビュー作だって言うんだから、すごいな~。
それに、注意深い読者なら真相に気付く程度の伏線が張ってあって(私は怪しいと思いつつ、見抜けなかった…)、「本格推理」の要素も入っています。ちょっとずるいな、と思う箇所もあるけど。(ついでに、キャロライン一家の絵に描いたようなアメリカの幸せな家庭ぶりや、前夫クリスのセクシー中年ぶりの描写がわざとらしくてぎこちないのだけど、まあこれは、デビュー作のご愛嬌ってところでしょうか……)
スポンサーサイト

2005.08.29 23:27 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 27

『天井の足跡』 クレイトン・ロースン

Amazon.co.jp で詳しく見る世界探偵小説全集 9
The Footprints on the Ceiling (1939)
クレイトン・ロースン / 北見尚子 訳 / 国書刊行会
[ Amazon ]

降霊会の調査のためスケルトン島に赴いた一行は、無人のはずの屋敷で女の死体を発見する。天井には謎の足跡が…。幽霊屋敷、交霊術、謎の放火、密室の死体、沈没船の宝探しと、めまぐるしい展開の難事件に挑む、奇術師探偵グレイト・マーリニの名推理。

自らもマジシャンだった(舞台名は探偵と同じ「グレイト・マーリニ」)というクレイトン・ロースンの長編2作目。
被害者の周囲の人間たちがそれぞれ思惑を持って裏で動き回っており、そんな彼らの行動が複雑に絡み合った結果、事件が非常に入り組んだものとなっている。
なので、「推理小説」としてはゴチャゴチャしすぎている印象を受けるけれど、たたみかけるように次から次へと起こる怪事件、密室やら天井に残されていた足跡やら沈没船やら、様々な要素がこれでもかとばかりにたっぷり詰め込まれていて、まるでおもちゃ箱のよう。「物語」として読んでいてとても楽しかった。(事件担当のガヴィガン警視の暴走っぷりも笑えます)
ロースンの作風が気に入ったので、他の作品(長編は全部で四つ)もそのうち読んでみたいと思います。

* Tag : 世界探偵小説全集  

2005.08.27 23:25 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 23

『自殺じゃない!』 シリル・ヘアー

世界探偵小説全集 32
Suicide Excepted (1939)
シリル・ヘアー / 富塚由美 訳 / 国書刊行会
[ Amazon ]

マレット警部が旅先のホテルで知り合った老人は、翌朝、睡眠薬の飲み過ぎで死亡していた。検死審問では自殺の評決が下ったが、父親が自殺したとは信じられない老人の子供たちとその婚約者は、アマチュア探偵団を結成、独自に事件の調査に乗り出した。やがて、当日、ホテルには何人かの不審な人物が泊まっていたことが明らかにされていくが…。

真相の意外性は充分。しかし、そこに至るまでの過程(ホテルに泊まっていた人たちにひとりずつ話を聞きに行く)がいささか遠回りで冗漫に思える。
それと、老人の遺産に関係のある人たちが複数、事件時に偶然にホテルに居合わせていたという状況がずいぶん不自然に感じられるのだけど、そのあたりは昔の探偵小説の様式美、もしくは戯画とでも思っておけばいいのかな。

* Tag : 世界探偵小説全集  

2005.08.23 23:07 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 22

『エンジェル家の殺人』 ロジャー・スカーレット

Murder Among the Angells (1932)
ロジャー・スカーレット / 大庭忠男 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

エンジェル家は、まるで牢獄のような陰気な外観を持つ家だった。しかも内部は対角線を引いたように二分され、年老いた双子の兄弟が、それぞれの家族を率いて暮らしていた。彼らを支配しているのは長生きしたほうに全財産を相続させるという、いまは亡き父の遺言だった。そして、死期の近いことを感じた双子の兄が、遺言の中身を変更することを弟に迫ったときから、すべての悲劇は始まる。愛憎うず巻く二つの家族の間に起こる連続殺人事件を、たくみなストーリー展開と、盛り上がるサスペンスによって描いた密室ものの古典的名作、完訳決定版!

江戸川乱歩が惚れこみ、翻案して 『三角館の恐怖』 として書き改めたという作品。ロジャー・スカーレットは、二人のアメリカ人女性作家の共同ペンネーム。
読後いちばん印象に残ったのは、乱歩が絶賛した「筋の運び方、謎の解いて行き方、サスペンスの強度」でもなく、エレベーターの中という密室状態で起こる第二の殺人のトリックでもなく、犯人の意外な動機でした。
先代のヘンテコな遺言(長寿のための健康的な生活を息子たちに実践させる目的で、より長生きしたほうに全財産を遺す)、屋敷内部の奇妙な構造(内部だけ左右対称に改築できるのだろうか?)など、殺人の舞台作りのために不自然に思える点もあるのですが、そんな強引な箇所を含め、エンジェル家一族の異様な雰囲気など物語全てが、探偵役のケイン警視が犯人の動機を指摘する、その場面のために作られたように思えます。

* Tag : ロジャー・スカーレット  

2005.08.22 23:50 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 20

『タイタス・アローン』 マーヴィン・ピーク

Titus Alone (1959)
マーヴィン・ピーク / 浅羽莢子 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

ゴーメンガースト城を逃れ、己を知るべく〈外〉の世界に初めて足を踏み入れたタイタス。その彼が目のあたりにしたのは、棲む者の誰一人としてゴーメンガーストの存在すら知らぬ、まったくの異界だった。いくたの遍歴をへて、タイタスが最後にたどり着いた地とは…。今世紀最高にして最大のアダルト・ファンタジー三部作、ついに完結! (裏表紙より)

『タイタス・グローン』 『ゴーメンガースト』 に続く、「ゴーメンガースト三部作」の三作目。もっとも、著者には四作目の構想があったそうですが。
前作の最後で、ゴーメンガースト城を後にしたタイタス。城への激しい郷愁を覚えながら彼が彷徨う〈外〉の世界は、エレベーターや飛行機などが存在する、私たちの現実世界に似た世界。前2作の舞台であったゴーメンガースト城とはがらりと雰囲気が異なり、なんだか違う話を読んでいるようで、最初は戸惑いました。でも、読んでいるうちにだんだん、陰鬱なところや、どことなくナンセンスなところなどは、前2作の空気そのままだと思えてきた。
内容の濃さ&完成度から言っても、個人的好みから言っても、前2作(傑作!)のほうがずっと出来がよいと思うんですが、タイタス・グローンという人物の物語として考えた場合、やはりこの三作目は不可欠だろうな。
ともかく、私にとって忘れられない場所のひとつとなりました、ゴーメンガースト城。

ところで、タイタスって、年上キラー?(笑)

2005.08.20 23:41 | Comments(0) | Trackback(0) | SF&ファンタジー

2005. 08. 18

読了本 & 読書中の本

◆ 読了本

Amazon.co.jp で詳しく見る家、家にあらず
松井今朝子 / 集英社 (2005-04)

同心の娘・瑞江は、亡き母につながるおば様・浦尾の勧めで、砥部家の奥御殿につとめ始めた。女たちの強烈な確執のなか、不可解な事件が起こる。父とともに真相を探る瑞江。家と血の絆をめぐる長編時代ミステリー。

ドラマ 「大奥」 (菅野美穂が出ていた幕末のほう。松下由樹のは観てない) にちょっと似た感じ。あっちは江戸城でこっちは大名のお屋敷だけど、主人以外は男子禁制で、女性ばかりの情念うずまく場所であるのは同じ。
「母と子」というテーマに関して、主人公・瑞江の考え方があまりにも現代的すぎるように思えるのと、それに基づいて周囲の人たちを批判しているのが気になった。江戸時代の人たちは当時の価値観のなかで必死に生きていたわけで、それを今日の価値観で裁いてもつまらないと思うんだよなあ…。


◆ 読書中の本

タイタス・アローン―ゴーメンガースト三部作3
マーヴィン・ピーク / 創元推理文庫

去年の夏に復刊されたときに、ゴーメンガースト三部作をまとめて購入したんだけど、3作目のこの本だけ読んでいなかったのでした。

2005.08.18 18:08 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 08. 16

『8 エイト』 下巻読了

キャサリン・ネヴィル (文春文庫)

やはりあまりおもしろいと思えないので、ななめ読みで下巻終了。
フランス革命直後のパートでは、リシュリューやルソー、タレーランやロベスピエールやダヴィッド、果てはエカチェリーナまで登場するのだけど、その全員が「モングラン・サーヴィス」を狙っているという荒唐無稽さに私はついていけなかった。シャルロット・コルデによるマラー暗殺まで、チェスの争奪戦絡みにしちゃってるんだもんなあ。
そして、1972年のパートは、ヒロインのキャサリン・ヴェリスが、老若問わず知力も財力も地位も外見的魅力も兼ね備えた男たちに囲まれ、助けられるという逆ハーレム状態にげっそり。さらに訳者あとがきで、ヒロインの名前は作者のファーストネームと同音(綴りが違う)、名字「ヴェリス」も「ネヴィル」のアナグラムじみていると書かれているのを見て、おおいに脱力…。仕事ができて有能で、〔選ばれた者〕で、謎めいたハンサム男と情熱的な恋に落ちて、アクションもこなしちゃう「わたし」。これって、作者の壮大な自己願望充足小説だったの…?(苦笑)

2005.08.16 23:42 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 08. 15

『8 エイト』 上巻読了

キャサリン・ネヴィル (文春文庫)

上巻の最後のほうに、1792年当時のナポレオンと彼の母親と妹が出てきたのですが、これが美形一家という設定で。
ナポレオンも透き通るような白肌のほっそりとした美青年として描かれているのを読んで、のけぞりました。
えー、そんなムチャな…!(苦笑)
現在の話の部分では、ロマンス小説から出張ってきたような謎めいたハンサム男がキザっぽい言動をしているし、フランス革命直後の話の部分では、タレーランが超絶美形設定されているし、やたら美形の男が登場する話なのだけど、「ナポレオンまでもか」って感じで思わず爆笑してしまったよ…。

メインのチェスの争奪戦の話もあまりおもしろいと思えないんですが、これは、私がチェスにはくわしくないからという理由も少しはあるかもしれない。
以前、チェスに熱中して、ルールを覚えたり指南本を片手に駒を動かしてみたりしたことがありました。でも、ゲームの相手をしてくれる人(チェスのルールを知っている人)が周りにいなくて、自然に熱が醒めていっちゃって…。

2005.08.15 23:42 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 08. 13

読書中の本

Amazon.co.jp で詳しく見る Amazon.co.jp で詳しく見る
8 <エイト> 上・下 (キャサリン・ネヴィル)

革命の嵐吹きすさぶ18世紀末のフランス。存亡の危機にたつ修道院では、宇宙を動かすほどの力を秘めているという伝説のチェス・セット「モングラン・サーヴィス」を守るため、修道女たちが駒を手に旅にでた。世界じゅうに散逸した駒を求め、時を超えた壮絶な争奪戦が繰り広げられる! 壮大かつスリリングな冒険ファンタジー。

フランス革命関連3連発、ということでこの本を読み始めました。
革命直後のフランス、1972年のニューヨーク、それぞれの場所での「モングラン・サーヴィス」をめぐる話が交互に語られるのですが、そのうち両方の話が交わるようになるんでしょう。(現代部分のヒロインが革命部分のヒロインの子孫、なんてことにはまさかならないでしょうね…)
上巻を半分読んだ時点では、「女性版 『ダ・ヴィンチ・コード』 (ロマンスもあるよ)」といった印象。もっとも1988年の作品だから、こちらのほうが古いけど…。

2005.08.13 22:54 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 08. 12

『紅はこべ』 バロネス・オルツィ

Amazon.co.jp で詳しく見るThe Scarlet Pimpernel (1905)
バロネス・オルツィ / 西村孝次 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

フランス革命のさなか、革命政府に捕らわれた貴族たちをギロチンの刃の下から次々と救い出す、イギリス人貴族たちの秘密結社があった。正体不明の大胆不敵な首領の名は「紅はこべ」。一方、大富豪サー・パーシー・ブレイクニーと結婚してイギリスに渡ったフランスの元花形女優マルグリートは、伊達男ながらも間抜けな夫に失望する日々を送っていたが、イギリスに派遣されてきた革命政府の全権大使ショーヴランと再会し、パリにいる共和党員の兄アルマンが「紅はこべ」と密通した罪で窮地に立たされていることを知らされる。ショーヴランはマルグリートに、最愛の兄の命を助けることと引き換えに、「紅はこべ」逮捕に手を貸すように迫るのだった…。

『赤後家の殺人』 にフランス革命の話が出てきたのを見て、この作品を読みたくなり、本棚から引っ張り出して読み返しました。
もう何度も読んでいるので話はすっかり覚えこんでいるんだけど、それでも、ついつい夢中になって読んじゃう。特に、舞踏会の後、深夜の庭でのブレイクニー夫妻の会話のシーンが大好き。

* Tag : バロネス・オルツィ  歴史/時代もの  

2005.08.12 23:04 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学-20世紀前半

2005. 08. 09

映画 『名探偵登場』

Amazon.co.jp で詳しく見る(1976年・アメリカ)

先週の昼間にNHK-BS2で放送していたのを、録画しておいて観ました。
変わり者の大富豪トウェインの不気味な屋敷に集められた、世界的に有名な5人の名探偵たち。トウェインは午前0時に殺人事件が起こることを予告し、名探偵たちにその謎が解けるか挑戦状をたたきつける……という探偵小説のパロディ映画。
登場する名探偵たちの元ネタは、ポワロ、ミス・マープル、チャーリー・チャン、サム・スペードの4人はすぐにわかったのですが、残るチャールズ夫妻だけはわからなかった…(Amazonのエディターレビューによると、ニック&ノラ・チャールズ夫妻のようですね)
探偵小説のパロディとしてはあまり出来がいいとは思えませんが、コメディー映画としてはなかなかおもしろかったです。
それにこの映画、キャストやスタッフが豪華。脚本はニール・サイモン。大富豪トウェイン役は作家のトルーマン・カポーティ、他にピーター・フォーク、ピーター・セラーズ、マギー・スミスなどなど。そして、アレック・ギネス演じる盲目の執事がとってもお茶目でナイスでした。

ところで、BS2といえば、今月下旬にドラマ「名探偵ポワロ」の新作4本の放送があるのが、すごく楽しみ~。

2005.08.09 23:07 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2005. 08. 08

『赤後家の殺人』 カーター・ディクスン

The Red Widow Murders (1935)
/ 宇野利泰 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

その部屋でひとりきりで過ごすと必ず死ぬと言われる「赤後家(ギロチン)の間」。150年間に4人が謎の死を遂げたこの部屋の因縁は、フランス革命さなかの出来事に端を発していた。ヘンリー・メリヴェル卿立会いのもと、真相を確かめようと実験が行なわれるが、カードで選ばれてひとりで部屋にこもった男が、伝説どおりに死んでいるのが発見された。部屋は密室状態、しかも関係者全員にアリバイがあった……。

ヘンリー・メリヴェル卿もの。「人を殺す部屋」に、フランス革命時の死刑執行人一族の話を絡めた作品。
15分毎に返事をしていたのにも関わらず被害者はすでに1時間前に毒殺されていた、しかも毒物を注入した傷跡がない……という不可能犯罪状態が魅力的。被害者に毒物を摂取させた方法はなかなかユニークだと思う。

2005.08.08 23:50 | Comments(0) | Trackback(1) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 05

『エジプト十字架の秘密』 エラリイ・クイーン

The Egyptian Cross Mystery (1932)
エラリイ・クイーン / 青田勝 訳 / ハヤカワ・ミステリ文庫
[ Amazon ]

田舎町に発生した凶悪な殺人事件はT字で彩られていた。T字路に立つT字型の道標に磔にされたT字型の首なし死体、そしてドアに描かれたTの血文字。古代宗教や中部ヨーロッパの迷信等を背景に起る第二、第三の殺人に、エラリイの推理も翻弄される。読者への挑戦状を付した国名シリーズ中、傑作の誉れ高い作品。

うーむ、どうもクイーンの国名シリーズとは相性が悪いようだ……。
国名シリーズのなかでも特に評価の高い作品なだけあって、本格推理小説としてはこれといった不満はないんだけれども、『Xの悲劇』 『Yの悲劇』 ほど楽しめなかった。

2005.08.05 23:25 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 08. 04

『ウォータースライドをのぼれ』 ドン・ウィンズロウ

Amazon.co.jp で詳しく見るA Long Walk Up the Water Slide (1994)
ドン・ウィンズロウ / 東江一紀 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

恋人カレンと穏やかな日々を送るニールのもとに、養父にして朋友会のやとわれ探偵グレアムがやって来た。「簡単な仕事だ、坊主」健全さが売りの人気テレビ番組のホストによるレイプ疑惑事件、その被害者の女ポリーが裁判で通用するよう、英語をキチンと教え、磨き上げるのがニールの任務だった。世にも奇天烈な英語教室が始まる。彼女の口封じを狙う者あり、彼女を売り出して一儲けを企む者あり…。様々な思惑が絡み合うポリーゲート事件の顛末。

ニール・ケアリーシリーズ4作目。6年ぶりの邦訳新刊。
これまでの三作品とはちょっと感じが違うなあ。かなりドタバタ要素が濃い。ひどいブルックリン訛りでスラング連発のポリー、彼女とニールの英語教室シーンは爆笑もの。
でも、前三作で生半可でなく悲惨な目にあい続けたニールが、やっと安らげる場所と相手を見つけ、しかもそこに安住できそうな様子なのは、読んでいて嬉しくなります。「どこかの小さな州立大学で英文学の教授になり、本に埋もれて暮らす」という夢もかなうかもしれないね。

2005.08.04 23:32 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。