* Caramel Tea *

Reading Diary

2005年07月の記事一覧

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2005. 07. 30

『愛の果ての物語』 ルイザ・メイ・オルコット

A Long Fatal Love Chase (1866)
ルイザ・メイ・オルコット / 広津倫子 訳 / 徳間書店
[ Amazon ]

18歳のロザモンド・ヴィヴィアンはイギリスの小さな島で、愛情のない祖父と二人きりの孤独な生活を送っていた。ある日、祖父のもとを大金持ちのフィリップ・テンペストが訪れる。ロザモンドは自分の倍近い年の、どこか陰のあるテンペストと恋に落ち、二人は結婚してフランスへと旅立つ。しかしやがてロザモンドは、その結婚が罠であり、テンペストの恐るべき秘密に気づき始める――

再読。
オルコットが 『若草物語』 発表の2年前に書いたものの、出版されないままお蔵入りとなり、1995年になってやっと書籍化されたという、ゴシック・スリラー。
『続・若草物語』 で、家計を助けるために「センセーショナルな通俗小説」を書きなぐって原稿料を稼いでいたジョーが、尊敬するベア教授から「そういう小説はひどいくずで、若い人や子供たちの害になる」と言われて恥ずかしく思い、通俗小説を書くのをやめるという場面がありますが、ジョーが書いていたのって、この 『愛の果ての物語』 のような話だったのかなー(それとももっとどぎつかったのだろうか)と両作品を読み返すたびに考えてしまいます。オルコットも、『若草物語』 で名を成す前は生活費のためにスリラー小説をたくさん書いていたんだとか。ただ、お金のためだけに書いていたジョーとは違い、オルコットは派手なスリラー小説を書くのを好んでいたようですが。

内容のほうはというと、テンペストの秘密を知って逃げ出したロザモンドを、彼女を執着的に愛するテンペストがどこまでも追いかけてくるというストーリー。
御都合主義なところも多々あるものの、ニース、パリ、フランスの修道院、ドイツの温泉保養地、ライン河下りなど舞台がめまぐるしく変わり、逃亡に次ぐ逃亡、追跡に次ぐ追跡で、この時代の小説としては実にスピーディーな展開でスリリング。オルコットにはストーリーテラーの才能もあったんだなあと思わされます。
ヒロインのロザモンドについては、行動力のある意志の強い女性で、運命に流されずクヨクヨしていないところはいいけど、本文中で彼女の魅力・美点がこれでもかというほどに賛美されているので、読んでいるこっちはちょっと白ける…。また、ロザモンドにしても、中盤から登場する司祭にしても、その倫理観・道徳心の強さがクライム・ノヴェルの登場人物としては潔癖すぎて、その点はちょっと鬱陶しいな。
スポンサーサイト

2005.07.30 23:32 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学-19世紀

2005. 07. 28

読書中の本

Amazon.co.jp で詳しく見る愛の果ての物語
ルイザ・メイ・オルコット / 徳間書店

図書館から借りてきた海外ミステリを全部読んでしまったので(また他のを借りてこよう)、今は手持ちの本のなかからこれを再読しています。
『若草物語』 のオルコットが書いた、サスペンス小説。

2005.07.28 23:27 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 07. 21

『贖罪の終止符』 サイモン・トロイ

Cease Upon the Midnight (1964)
サイモン・トロイ / 水野恵 訳 / 論創海外ミステリ15
[ Amazon ]

村の名士ビューレイ医師が睡眠薬を飲み過ぎ、死を遂げた。検死審問では事故死と判断されるが、周りには常日頃から金の無心をしていた俳優の弟、年の離れた若き婚約者など怪しい人物ばかり。誰一人信用が置ける者がいない中、舞台はガーンジー島にある女子寄宿学校に移り、新たな事件が展開する! 人間の哀しき性(さが)が描かれた心理サスペンス。

主な探偵役は、最初の事件が起こったイギリス南西部シルストーンの事件担当者・スミス警部。
事件の真相には大きなサプライズはないけれど(犯人は途中で明らかにされる)、登場人物たちの心理的駆け引きが緊張感たっぷりに描かれており、その点では読み応えがあった。
ただ、一部の登場人物が、どんなつもりで何を考えて行動しているのか、わかりにくい箇所も多かった。

* Tag : 論創海外ミステリ  

2005.07.21 23:24 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 07. 21

読了本 他

読了本

『ドラキュラ紀元』 → 『暴徒裁判』 → 『輝く断片』 と読み終わっているのですが、『暴徒裁判』 以外の感想はまた後日。


読書中の本

最近、蒸し暑さでダルダルで、読書に集中できません…。
で、そんなときにも読みやすい本を…と思って、図書館で短めの海外推理小説をいろいろと借りてきました。「古典的名作」、「オカルト趣味に彩られた本格推理小説」、「心理サスペンス」、「衝撃のニューロティック・スリラー」などなど、よりどりみどり(笑)
帰ってきてから、早速「心理サスペンス」を一気読みしてしまいました。ミステリって先の展開が気になって仕方ないから、集中力が途切れがちなときでも熱中して読めます。

2005.07.21 22:28 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 07. 16

『暴徒裁判』 クレイグ・ライス

Trial by Fury (1941)
クレイグ・ライス / 山本やよい 訳 / ハヤカワ・ミステリ文庫
[ Amazon ]

これまでも数々の事件に巻き込まれてきたジェーク&ヘレンのジャスタス夫妻。今度はこともあろうに、避暑地で起きたもと上院議員殺人事件の容疑者になってしまった! もと議員の命を奪った凶弾がどこから飛んできたのかさえわからない奇怪な事件に、酔いどれ弁護士J・J・マローンが重い腰をあげる。そんな彼を嘲笑うかのように第二、第三の事件が! 見えざる殺人鬼に爆笑トリオが挑むユーモア・ミステリ、新訳で登場。

ライス作品には「かすかな苦味」がつきものだけど、これは他のシリーズ作品に比べて、粋な感じが影を潜めていて、「陰」の雰囲気が強いような気がする。
事件はかなり陰惨だし、ヘレンはやたら不平がましくてヒステリー気味だし(ちょっぴりヘレンが嫌いになりかけた)。そして、何より、ライスが「田舎の町」を否定的に書いている(ほのかな悪意すら感じられるほど)というのが大きいと思う。ライスって、「田舎の町」に何か恨みでもあったのかね?
というわけで、私はこの作品はあまり好きになれないな…。

2005.07.16 23:41 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 07. 10

直木賞 & 読書中の本

恩田陸が直木賞候補に

へえ……。
世間的には「やっと」という感じなのでしょうか?
私個人の印象としては、「恩田陸」と「直木賞」はつながりにくいイメージなのだけど…。
(でも、日本文学には疎いので、あまりエラそうなことは言えないや)


● 読書中の本

ドラキュラ紀元
キム・ニューマン / 創元推理文庫

『サルガッソーの広い海』 を読み終わり、これも同じく19世紀イギリスの有名小説を下敷きにした作品 『ドラキュラ紀元』 を読み始めました。
こっちは、もし 『吸血鬼ドラキュラ』 でヴァン・ヘルシング教授が敗れていたら……ドラキュラが支配した19世紀末のロンドンで、切り裂きジャック事件が起こる、という物語。
ドラキュラのみならず、古今東西の吸血鬼小説&映画の登場人物がたくさん出てくるのですが、先月読んだ 『ヴァンパイア・コレクション』 に収録されていた作品の吸血鬼たちも多数登場。先に読んでおいてよかったー(たまたまだったんだけど)。ポリドリの「吸血鬼」も読んでおくとよかったかな?

2005.07.10 23:58 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

2005. 07. 07

読了本 & 読書中の本

◆ 読了本

ホッグ連続殺人
ウィリアム・L・デアンドリア / ハヤカワ・ミステリ文庫


◆ 読書中の本

サルガッソーの広い海
ジーン・リース / みすず書房

『ホッグ連続殺人』 のあと、ある本を読み始めたのですが、女主人公の性格の悪さに嫌気がさして途中で放り出し、今は 『サルガッソーの広い海』 を読んでいます。
シャーロット・ブロンテの 『ジェーン・エア』 に登場する、ロチェスターの前妻、「屋根裏の狂女」バーサ・メイソン。西インド諸島生まれのクレオールである彼女を主人公に、同じくクレオールの作家が書いた作品。
実を言うと私、『嵐が丘』 は何度も読み返しているけど、『ジェーン・エア』 は中学生のときに読んだっきり。「伯母さん&いとこたちによるジェーンいじめ→寄宿学校でのひどい生活」という物語初盤の鬱っぷりを思うと、再読する気が萎えてしまうのです…。

2005.07.07 00:37 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。