* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2005. 02. 28

『砂漠の王国とクローンの少年』 ナンシー・ファーマー

The House of the Scorpion (2002)
ナンシー・ファーマー / 小竹由加里 訳 / DHC
[ Amazon ]

近未来、ケシ畑の広がるオピウム国で、麻薬王エル・パトロンのクローンとして誕生したマット。エル・パトロンには大切にされるが、他の者たちには嫌悪され蔑まれ、「クローンはなんのために生み出されたのだろう」と思い悩むマットは、やがて恐ろしい事実を知る……。

「ル=グウィン絶賛」という帯、そして2002年全米図書賞受賞というのにひかれて読んでみたけど、期待しすぎたかも…。観念的すぎるうえに設定が極端すぎて、頭に訴えかけてくるものはあっても、心に訴えかけてくるものはないというか…。物語後半、マットはクローンが残酷で非道な扱いを受けるオピウム国から逃れて隣国へ行くのだけど、今度はそこが思想統制の行なわれる全体主義国家で……そこまで読んだ時点で、いい加減うんざりしてきちゃった。(クローンのアイデンティティをテーマにしたものは、日本のマンガに昔からたくさんあるので、読む前からすでに「お腹いっぱい」感があったのかもしれない。新味がないというか…)
まあ、小中学生が夏休みに読んで、クローンその他の問題について考えてみて、宿題の読書感想文を書くには絶好の良作かも、そんな感じの作品でした。
スポンサーサイト

2005.02.28 23:12 | Comments(1) | Trackback(0) | YA&児童書

2005. 02. 24

ウッドハウス・コレクション

今年は文藝春秋からP・G・ウッドハウス選集が出るというので楽しみにしていたのですが、それより一足早く、国書刊行会が「ウッドハウス・コレクション(全3巻)」を刊行。
一冊目 『比類なきジーヴス』 はもう発売になっているようです。
http://www.kokusho.co.jp/kinkan/index.html
2冊目 『よしきた、ジーヴス』 は6月、3冊目 『それゆけ、ジーヴス』 は10月発売予定。
全部、ジーヴスものなんですね。文藝春秋から出る予定なのもジーヴスものだったような。
今まで邦訳が少ないうえにあまり出回っていないという状態だったのに、どうして今年になって急に…とは思うものの、以前からずっと読みたいと思っていたので、とにかく嬉しいです。

* Tag : P・G・ウッドハウス  

2005.02.24 23:45 | Comments(0) | Trackback(0) | 気になる新刊・近刊

2005. 02. 19

Jane Austen Mysteries

集英社文庫の新刊で、『このペン貸します―ジェイン・オースティンの事件簿』 という本が出たみたいです。
一瞬「オースティンが探偵役の時代ミステリ?」と色めきたったのですが、集英社のサイトを見ると
http://bunko.shueisha.co.jp/0502/index_new.html#13
ジェイン・オースティンという名前のフリーライターが主人公の、現代LAが舞台の素人探偵ものらしい。なんだ、つまらん…。
でも、Amazonの 原書のカスタムレビュー に「ステファニー・プラムの西海岸版みたいでおもしろかった」と書かれているのを見たら、ちょっと興味が出てきた…。猫も出てくるみたいだし。
ちなみに、「ジェイン・オースティンが探偵役の時代ミステリ」というのも、海外では実在するようです。

(もっとも、歴史的有名人を探偵役にした海外ミステリって、『文豪ディケンズと倒錯の館』(ウィルキー・コリンズが助手役) とか 『ドロシーとアガサ』 とか、他にもドイルやらルイス・キャロルやらを主人公にしたものとかいろいろあるけど、おもしろいと思える作品を読んだことがないので、私にとっては鬼門だったりする…)

2005.02.19 23:51 | Comments(0) | Trackback(0) | 気になる新刊・近刊

2005. 02. 16

『はなれわざ』 クリスチアナ・ブランド

Tour de Force (1955)
クリスチアナ・ブランド / 宇野利泰 訳 / ハヤカワ・ミステリ文庫
[ Amazon ]

休暇をすごすため、イタリア周遊ツアーに参加したスコットランド・ヤードの名警部コックリル。景勝で知られる孤島で一行のひとりが何者かに殺された。地元警察の捜査に不安を感じたコックリルは自ら調査に乗り出すが、容疑者であるツアーの面々は、女性推理作家やデザイナー、隻腕の元ピアニストなど一癖ある連中ばかり…。ミステリ史上に輝く大胆なトリックで名高い、著者の代表作。

クリスチアナ・ブランドは過去に2冊読んだことがありますが、一冊は短篇集 『招かれざる客たちのビュッフェ』 (「ジェミニー・クリケット事件」が有名だけど、読んだのがかなり前なのでよく覚えていない)、もう一冊はサスペンスもの 『猫とねずみ』 だったので、本格推理ものの長篇を読むのは初めてでした。
いやー、本当にブラックだなあ。登場人物全員がクセ者で、探偵役のコックリル警部すら例外ではない。でも、じわじわ~と重くのしかかってくるような悪意とか毒々しさではなく、切れ味のいいシニカルさで入り組んだ人間関係が描かれていて、楽しんで読めました。
トリックそのものについては「こんなの実際には不可能なんじゃないか」と思ってしまうけど、ブランドのそのトリックの使い方の巧みさ・大胆不敵さは、まさしく「はなれわざ」。最後にもう一捻りあるだろうな~とは思っていたものの、あんな真相だったとは。ミステリ読んでて久しぶりに、「あーっ、やられた!」と思わされました。
ブランドの他の長篇も読もうっと。『招かれざる客たちのビュッフェ』 も再読してみるといいかも。

ところで、この作品を読んでいる間ずっと、アガサ・クリスティーの某作品を連想していました。舞台設定が似てるし(映画化作品だとさらに似てる)、トリックも一部似通っているし…。

2005.02.16 23:47 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 02. 14

『警察官に聞け』

Ask a Policeman (1933)
アントニイ・バークリイ 他 / 宇野利泰 訳 / ハヤカワ・ミステリ文庫 [ Amazon ]

悪名高い新聞王カムストック卿が自分の別荘で殺された。浮かび上がった容疑者は、大主教、上院議員、そしてスコットランドヤード副総監という重要人物揃い。事態を重く見た内務大臣は、4人の高名なアマチュア探偵に事件の解決を依頼するという異例の決断を下す…。

第一部(問題編)  ハーズリー・ロッジ荘の死 (ジョン・ロード)
第二部
  第一章  ブラッドリー夫人のジレンマ (ヘレン・シンプソン)
  第二章  サー・ジョン、きっかけをつかむ (グラディス・ミッチェル)
  第三章  ウィムジイ卿の個人的助言 (アントニイ・バークリー)
  第四章  ロジャー・シェリンガム氏の結論 (ドロシー・L・セイヤーズ)
第三部(解決編)  もし知りたければ―― (ミルワード・ケネディ)

---------------------------------------------------

黄金期の作家6人による連作ミステリ。リレーミステリは他に 『殺意の海辺』 とか 『漂う提督』 とかいろいろありますが、この作品は、作家たちがお互いの名探偵を交換して書いているところがとてもユニーク。セイヤーズがロジャー・シェリンガムを、バークリーがピーター・ウィムジイ卿を、シンプソンがミセス・ブラッドリーを、ミッチェルがサー・ジョン・ソマレズを探偵役として四者四様の解答編を書いています。問題編はジョン・ロード、最後の解決編はケネディが担当。

解答の出来も、他人のキャラクターの特徴の捉え方の巧さも、ともにいちばん上手なのはバークリーですね。特にピーター卿を見事に使いこなしている様といったら(パーカー警部やバンター、先代公妃まで登場するサービスぶり)、「セイヤーズが書いたんだよ」と言われれば信じてしまいそうです(笑)。シンプソンのミセス・ブラッドリーは一度「あの人は犯人じゃない」と断言した人物をあとになって一転、犯人特定しているところが「らしく」ないし、セイヤーズのシェリンガムはちょっと真っ当すぎる。自信過剰で暴走しないシェリンガムなんて、シェリンガムじゃないわっ!(笑) ミッチェルは、サー・ジョン・ソマレズについてはシンプソンの作品を読んだことがないのでなんとも言えませんが、具体的証拠なしの当てずっぽうで犯人特定している点がイマイチ…。ケネディの解決編は、欠点がないこともないんですが、矛盾&問題点の多い4人の解答を細かく検討し、キッチリまとめあげているのが素晴らしい。
ともあれ(ちょっとケチもつけてしまいましたが)、著名な探偵小説作家たちが名探偵を交換しあって書くという凝った趣向、それだけで十分におもしろい作品です。読んでいる間ずっと、すごく楽しかった!

6人の作家たちのうちで唯一、邦訳がないヘレン・シンプソン。彼女が創造した名探偵サー・ジョン・ソマレズは、優雅で端整な容姿の名舞台俳優なんだとか。最初はシェイクスピアの引用ばかりしているのが鼻についたんですが、彼の演技の最高傑作は 『紅はこべ』 のパーシー・ブレイクニー卿役だという記述があったので、あらまあ、サー・パーシー役にぴったりな俳優さんなら…と、サー・ジョンが登場する作品を読んでみたくなってしまいました(笑)

2005.02.14 23:54 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 02. 12

『ダークエンジェル』 メレディス・アン・ピアス

The Darkangel (1982)
メレディス・アン・ピアス / 井辻朱美 訳 / ハヤカワ文庫FT [ Amazon ]

若い娘をさらっては花嫁にして血と魂を抜き取る、美しくも残酷な吸血鬼ダークエンジェル。さらわれた女主人を助けようとしてダークエンジェルに捕らわれた少女エイリエルは、魂を抜かれて亡霊と化した13人の花嫁の世話をすることを命じられる。侍女として娘たちに仕えるうちにエイリエルは、彼が14人目の花嫁の魂を手に入れたとき、真の恐ろしい吸血鬼と化してしまうことを知る…。

数年前に日本でも放送されていた同名の海外ドラマとは何の関係もありません。1987年出版の少し古い本で、ちょっと前にブックオフで見かけて買っておいたんですが、これは掘り出し物でした~。
吸血鬼が出てくるものの、ホラーではなくて異世界ファンタジー。250ページというさほど多くないページ数のなかに、少女の成長物語と、妖美さと神話世界の入り混じった幻想的なイメージの数々がぎゅっと詰まっています(ちょっと昔の少女漫画チックですが…)。ダークエンジェルを恐れつつもその美しさの虜になっていたエイリエルが、旅を経て、彼に立ち向かえるだけの強さを身に着けるところがいいなあ。また、荒廃した城の地下にある洞窟や、物言うライオンが駆け抜ける砂漠の情景も素敵。
〔以下、ネタばれにつき、ちょっとだけ反転〕
でも、ダークエンジェルは王子に戻ったあとよりも、吸血鬼だったときのほうが魅力的だったと思うな(笑)

2005.02.12 23:12 | Comments(0) | Trackback(0) | SF&ファンタジー

2005. 02. 11

『恐怖の愉しみ (上)』

Madam Crowl's Ghost and other ghost stories
レ・ファニュ 他 / 平井呈一 編訳 / 創元推理文庫 (1985)
[ Amazon ]

平井呈一氏が選んだ英米の怪奇小説短篇、全12編が収録されています。
オーソドックスな幽霊譚が大半なのですが、独特な平井訳と相まって、味のある語り口を楽しむことができます。
特に私の印象に残ったのは、メイ・シンクレア「希望荘」、H・R・ウェイクフィールド「防人」、エルクマン=シャトリアン「見えない眼」、ソープ・マックラスキー「慎重な夫婦」、オリヴァー・オニオンズの中篇「手招く美女」。
レ・ファニュの「クロウル奥方の幽霊」は、イギリス北部の方言を日本語の方言を使って訳しているのは、力訳なのかもしれないけど…。いささかやりすぎのような気がしないでもない。内容よりも訳文のインパクトのほうが強く印象に残ってしまっています(笑)

2005.02.11 23:41 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2005. 02. 10

『幽霊が多すぎる』 ポール・ギャリコ

Too Many Ghosts (1959)
ポール・ギャリコ / 山田尚 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

パラダイン男爵家を脅かす怪現象の数々――ポルターガイスト、うろつく尼僧の亡霊、外から鍵をかけた部屋で夜ごとひとりでに曲を奏でるハープ。さらに悪いことに、客人が幽霊に襲われた! 騒動を鎮めるため駆けつけた心霊探偵ヒーロー氏の活躍やいかに?

あんまり楽しめなかったなあ…。主人公のアレグサンダー・ヒーローがなんだか好きになれなかったというのがいちばんの理由かな。イギリス人青年という設定だけど、アメリカ人青年にしか思えないんだよなー。
心霊探偵というと、『幽霊狩人カーナッキ』 のトーマス・カーナッキや 『不死の怪物』 のルナ・バーテンデールなどを連想してしまうんだけど、主として本物の超常現象を扱う彼らに対し、本作のヒーローは本物の心霊現象に遭遇したことがなく、人間の手によるインチキ超常現象を暴くタイプの心霊探偵。作品にも怪奇趣味めいたところはほとんどなく、どちらかといえば不可能犯罪系のミステリ。もっとも本格ミステリとしては、犯人がこの人以外考えられないという人物であったりと、ちょっと物足りないんだけど…。

2005.02.10 21:34 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 02. 07

『禁じられた約束』 ロバート・ウェストール

The Promise (1990)
ロバート・ウェストール / 野沢佳織 訳 / 徳間書店
[ Amazon ]

赤く長い髪が美しい少女ヴァレリーと恋に落ちたのは、戦争が始まる直前の夏、僕が14歳のときだった。海辺を二人で歩き、初めてのキスをした。「いつかわたしが迷子になったら、かならず見つけてね」と彼女が言った時、僕は約束した。それが決して、してはならない約束だとは知らずに…。第二次大戦中を舞台に描かれた、恐ろしくも切ない初恋の物語。

読むのは初めてだったけど、戦争文学と「怖い話」では高い評価を受けているというウェストール。この作品も、第二次大戦下、ドイツ軍による空襲を受けるイギリス北東部の町の様子が描かれている。
ホラーでもあるのだけど、根本的には10代半ばの少年の心情を描写したYAって感じかな。


※ 『オペラ座の怪人』 も読み終わっています。明日ぐらいには感想書けるかな…。

2005.02.07 23:51 | Comments(0) | Trackback(0) | YA&児童書

2005. 02. 04

映画 『オペラ座の怪人』

The Phantom of the Opera (Original Motion Picture Soundtrack) [SOUNDTRACK] [FROM US] [IMPORT]映画の感想もちょこっとだけ書いておきますね。

えー、ミュージカルをそのまんま映像化したって感じでした(追加・変更シーン若干あり)。生舞台で観る臨場感に比べれば物足りないものもあるのですが、簡単にロンドンまで観に行けるわけでもないし、好きな曲の数々が大音響で聴けて、映像ならではの1870年代のオペラ座の豪華絢爛な様子なども楽しめたので、概ね満足です。特に、シャンデリアがあがっていくと同時に朽ち果てていたオペラ座の内装が盛時の姿へと甦っていくオープニングシーンや、ファントムがクリスティーヌを地下の湖へといざなうシーンなどは映像だからこその迫力。墓地のなかをクリスティーヌが歩いていくシーンも幻想的で素敵だったな。
ファントム役のジェラルド・バトラーはかっこよかったのですけど、でもファントムとしては、ちょっと精力的すぎな気が…。なんかギラギラというか…ムンムンというか…。長年、闇の中で暮らしてきた不健康な人物には見えないよ(笑)
クリスティーヌ(エミー・ロッサム)は、露出度が高くて見ていてちょっとドキドキしました…。ドレスはスケスケだし、太もも丸見えだし。でも、エミー・ロッサム、すごく可憐でかわいかった~。


US版公式サイト : http://phantomthemovie.warnerbros.com/
日本語版公式サイト : http://www.opera-movie.jp/

2005.02.04 21:58 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2005. 02. 04

『オペラ座の怪人』 ガストン・ルルー

ガストン・ルルー (ハヤカワ・ミステリ文庫)

無事に見つかったので、読んでます。映画も観てきました~。
この作品の翻訳は早川・創元・角川からそれぞれ文庫本で出ていますが、私が持っているのは早川版。いちばん評判がいいのは、訳が新しい 角川版 かな?(アマゾンでは在庫切れになってるけど、本屋だと表紙が映画のものになって売っていますね) 私が買ったときには、まだ角川版は出ていなかったのでした。でも、早川版で読み慣れてしまっているので、新しい訳だとかえって読みにくいかもね…。

今回の映画は、ルルーの原作というよりもミュージカルの映画化です。ミュージカルは怪人&クリスティーヌ&ラウルのラブロマンスをさらにドラマチックに盛り上げた造りになっているのですが、「ミュージカル→原作」という順番で読むと、原作に戸惑ったりする人もいそうだなあと思う。謎のペルシャ人が出張ってるし、妙な拷問部屋とか出てくるし、伝奇色が強いから…。

2005.02.04 21:54 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

2005. 02. 03

『魔法』 クリストファー・プリースト

The Glamour (1984,1985)
クリストファー・プリースト / 古沢嘉通 訳 / ハヤカワ文庫FT
[ Amazon ]

爆弾テロに巻きこまれ、記憶を失った報道カメラマンのグレイ。彼のもとへ、かつての恋人を名乗るスーザンが訪ねてきた。彼女との再会をきっかけにグレイは徐々に記憶を取り戻したかに思われたのだが…。南仏とイギリスを舞台に展開するラブ・ストーリーは、穏やかな幕開けから一転、読者の眼前にめくるめく驚愕の異世界を現出させる! 奇才プリーストが語り(=騙り)の技巧を遺憾なく発揮して描いた珠玉の幻想小説。 [プラチナ・ファンタジイ]

最低最悪の元カレ・ストーカーの話かと思っちゃいました(笑)……中盤は。でも、「語り=騙り」がプリースト作品のキャッチコピーみたいになっているので、このままでは終わらないだろうな、と思いつつ読んでいたんですが…。うーん、感想が書きにくいな、これも…。
ただ、作品の客観的評価は別として、私は中心となるストーリーも物語の仕掛けも 『奇術師』 のほうが好きだなあ。(表面的に見て)現代の男2人+女1人の三角関係よりも、20世紀初頭イギリスの二人の奇術師の壮絶ないがみ合いのほうが読んでて楽しかったっていう、単なる個人的好みの問題に過ぎないけれども。

2005.02.03 23:03 | Comments(0) | Trackback(0) | 海外文学

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。