* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 11. 01

『メイク・ビリーブ・ゲーム』 リアノン・ラシター

Bad Blood (2007)
リアノン・ラシター 著 / 乾 侑美子 訳 / 小学館 (SUPAR!YA)
2009-08
[ Amazon ]

親たちの再婚で義理のきょうだいになった、ローリーとキャトリオーナ兄妹とキャスリンとジョン姉弟。しかし折り合いがいいとは言い難く、特に同じ「キャット」の愛称を持つキャトリオーナとキャスリンはいがみあってばかり。そんななか、一家は初めての休暇旅行で湖水地方を訪れる。滞在するのは、キャスリンとジョンの亡き母アンが少女時代を過ごした家で、フェル・スカー屋敷と呼ばれる大きくて古い館だった。そこで、キャトリオーナは「デリラとドローンたち」と名付けられた不気味な人形たちを、キャスリンは秘密の部屋と「メイク・ビリーブ・ゲーム」と記されたノートを見つける。やがて、屋敷のなかや周囲の森で奇妙な事件が次々と起きる……。

邦題の「メイク・ブリーブ・ゲーム」とは「ごっこ遊び」のこと。少女時代のアンが、友人のエミリーとシャーロットとともに行なった「メイク・ブリーブ・ゲーム」が暗い森の恐ろしい力を呼び覚まし、十数年のときを経て、その力が子供たちに襲いかかる。

「新しい家族」というYA的テーマを含んだ、サスペンスホラー。図書館の新刊棚で見かけて何気なく手にとってみたんだけど、私好みの要素も多く、「当たり」だった。デリラがどこまでもキャトリオーナを追いかけてくるところや、キャスリンが秘密の部屋で見つけた本の登場人物たちの名前が消されているところなど、かなりぞっとさせられた。(ホラーで人形が出てくるのって、ホント怖いです)

ちょっと不満だったのは、アンたち三人がなぜこれほどおぞましい空想を生み出し、それに没頭したのか(孤独な少女たちの「遊び」にしては病的すぎるように思える)、その背景があまり深入りせずにさらりと流されている点。
そして、終盤あたりのジョンは出来が良すぎだろ(笑)と思うと同時に、世界各国のジョンさんたちには甚だ失礼な話だと思った。

ちなみに、著者のリアノン・ラシターは、「ストラヴァガンザ」シリーズで有名な児童文学作家メアリ・ホフマンの娘さんなんだそうだけど、親の七光りでないことは確かだろう。
スポンサーサイト

2009.11.01 21:55 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2009. 08. 30

読了メモ 『ゴースト・ストーリー傑作選―英米女性作家8短篇』

川本静子・佐藤宏子 訳 / みすず書房 2009-05
[ Amazon ]

19世紀から20世紀初頭の、イギリス・アメリカの女性作家8人の怪奇小説アンソロジー。収録されている作家は、エリザベス・ギャスケル、メアリー・エリザベス・ブラッドン、シャーロット・リデル、ヴァイオレット・ハント、シャーロット・パーキンズ・ギルマン、ケイト・ショパン、メアリ・ウィルキンズ・フリーマン、イーディス・ウォートン。

「ゴースト・ストーリー」という書名ではあるけれど、怪奇現象が起きているのかどうかはっきりしない、もしくは起きていないとも読める作品が半分くらいを占めている。
そのなかでも印象的だったのが、「祈り」(ヴァイオレット・ハント)と「手紙」(ケイト・ショパン)。両方とも、夫婦の間に起きた心理的な悲劇で、夫婦だからこその残酷さ、身勝手さに背筋がぞっとさせられる。
しかし本音を言えば、「死んでいる人間よりも生きている人間のほうが怖い」なんてしたり顔で言われるのには食傷しているので、純粋に幽霊とかお化けが出てくる怪談を読ませてくれ!と思ってしまう……。(100年前の女性たちの精神的内面を描いた短篇集としては優れているんだけど、「ゴースト・ストーリー傑作集」という書名とはいささか乖離していると思うのだ。「ボウエン・ミステリー短編集」といい、みすずは時々こういうことするよなー)

イーディス・ウォートンの「呼び鈴」は、ウォートンの怪奇小説短編集 『幽霊』 に収録されていた「小間使いを呼ぶベル」と(多分)同じ。どうせなら未訳のものを収録してくれればいいのにね。

2009.08.30 23:10 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2008. 12. 28

『怪奇小説傑作集(5) ドイツ・ロシア編』

H・H・エーヴェルス 他 / 植田敏郎・原卓也 訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

「恐怖は人間の最も古い、最も強い情感だ」――H・P・ラヴクラフト。かくして人間は、恐怖を手なずけ、さらには恐怖を愉しむために怪奇小説を発明した。本アンソロジー全5巻には、その代表的な名作が網羅されている。このドイツ・ロシア編には、死んだ美しい女の回向のさなか、身の毛もよだつ妖怪に襲われた神学徒を描くゴーゴリの「妖女(ヴィイ)」をはじめ、全9編を収録した。 (裏表紙より)

新版の怪奇小説傑作集全5巻、結局第1巻しか感想書いていませんが、ちょっとずつ読み続けていたんです。でも4巻のフランス編を飛ばしちゃったので、読むのはこれで4冊目です。
ロシア編のほうには、ゴーゴリ、チェーホフといった文豪の名前が並んでいます。
以下、一部の簡単な感想。

「蜘蛛」 H・H・エーヴェルス(ドイツ編)
あるホテルの一室で首を吊る自殺者が相次ぎ、医学生がその部屋に泊まりこんで謎を解こうとするが……。
探偵小説愛読者としては「人を殺す部屋ですね!」と思ってしまうのですが、これは怪奇小説です、密室トリックなんて出てきません。
医学生の日記という形で話が進んでいくのが、ひたひたと怖い。「かゆうま」みたいな。

「イグナーツ・デンナー」 E・T・A・ホフマン(ドイツ編)
これ、とってもおもしろかったー。この本のなかでいちばん好きです。
善良な狩人が不思議な旅人を家に泊めたことから盗賊騒動に巻き込まれ、悪魔的な人物と対峙することになるという、どこかメルヘンがかった冒険物語。
これに似たような傾向のホフマンの作品があるなら、もっと読んでみたいなあ。

「妖女(ヴィイ)」 ニコライ・ゴーゴリ(ロシア編)
まるでチンピラみたいな神学生、妖術に手を染めた令嬢、娘の祈祷を続けさせるために暴力で強要しようとするコサック中尉など、なんだかメチャクチャな登場人物たちにビックリ……。

「黒衣の僧」 アントン・チェーホフ(ロシア編)
健康的な平凡な幸せか、芸術(学問)の高みへと至る狂気じみた精神の高揚か。この話の主人公のように後者を望む人も少なくはないんじゃないでしょうか、特に怪奇小説を愛読する人には。
この二つの対比で、トーマス・マンの 『トニオ・クレエゲル』 を連想しました(こっちは狂気に犯されてはいないけど)。

2008.12.28 23:40 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2008. 11. 29

『ざくろの実―アメリカ女流作家怪奇小説選』

イーデス・ウォートン 他 / 梅田正彦 訳 / 鳥影社
2008-06
[ Amazon ]

19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したアメリカの女性作家8人による怪奇小説アンソロジー。表題作「ざくろの実」は、イーディス・ウォートンの短篇集 『幽霊』→感想) で読んだ「柘榴の種」と同じ作品です。

いちばん印象的だったのは、シャーロット・パーキンズ・ギルマン「揺り椅子」。そう、あの「黄色い壁紙」の著者です。
窓辺の揺り椅子に座る金髪の少女に魅せられた青年二人は、その家の貸間を借りる。しかし、家の中では、少女の気配はすれども姿は見えず……。この世のものならぬ女性の虜となった男性の話なんだけど、それだけではなく、その少女の存在によって、固い絆で結ばれていたはずの親友の仲にあっけなく亀裂が入る……というところがなんとも言えない。結末にも背筋が凍る思いでした。
(しかし、最初、読み始めたときには、この親友ふたりの関係に「???」でした。だって、「赤ん坊の時から、おれたち二人は結ばれていた」とか「愛を自然に保持できた」とか書いてあるんだもの。え、そういう仲なの?って(部屋は別々だとはいえ一緒に住んでるし)。いや、でも、その後の展開を読むと、同性愛ではなくて純粋な友情なんだよね……? しかし、もし同性愛だったと考えると、その二人の仲を壊した少女の存在が余計怖くて……)
この話は、アマゾンの「なか見!検索」で前半部分だけ読めます。

あと、ゾナ・ゲイル「新婚の池」。妻を殺したと言う男の話。超自然的な恐怖ではなくて、長すぎた結婚生活に疲れきった夫の心情に、ぞぞーっとさせられました。


いつもイギリスの女性作家ばかり読んでいますが、この本と同じくらいの年代のアメリカの作家も読んでみたいなあと最近思っています。ウォートン以外はあまり日本に紹介されていないような気がするけど、ウィラ・キャザーとかエレン・グラスゴーとか、長編が翻訳されているみたいなので。

2008.11.29 07:36 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2007. 08. 23

『幽霊』 イーディス・ウォートン

Amazon.co.jp で詳細を見るイーディス・ウォートン / 薗田美和子・山田晴子 訳 / 作品社
[ Amazon ]

端麗な描写の7つのゴースト・ストーリーを収録した短篇集。
『怪奇小説傑作集(3)』 にウォートンの「あとになって」が入っていたけれど、それに似た感じの作品がほとんど。読者を恐怖でゾッとさせるよりも、不思議な物事を優美な筆致で淡々と描写していく、というような…。
前半の四つは、冷酷な夫によって古いお城やお屋敷に閉じ込められた妻の悲劇という、ほとんど同じシチュエーションの話。妻の性格はそれぞれ異なっているけれど(「祈りの公爵夫人」の奥方には同情できないな~)、ウォートンはこの設定が気に入っていたのでしょうか。
いちばん印象的だったのは、後半の「柘榴の種」。夫のもとに時々届く奇妙な手紙に疑念を抱く妻シャーロット。と同時に、夫の死んだ先妻の影を感じ……という話。

2007.08.23 23:38 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2007. 02. 28

『鼻のある男―イギリス女流作家怪奇小説選』

Amazon.co.jp で詳細を見る梅田正彦 訳 / 鳥影社 2006-12
[ Amazon ]

ローダ・ブロートン 「鼻のある男」
イーディス・ネズビット 「すみれ色の車」
ルイザ・ボールドウィン 「このホテルには居られない」
D・K・ブロスター 「超能力」
ヘンリエッタ・D・エヴェレット 「赤いブラインド」
アミーリア・エドワーズ 「第三の窯」
キャサリン・ウェルズ 「幽霊」
メイ・シンクレア 「仲介者」

19世紀後半から20世紀前半のイギリス女性作家8人の怪奇小説アンソロジー。
強く印象に残ったのは、なんといっても、メイ・シンクレアの中篇「仲介者」。ネグレクトの話と幽霊譚が巧みに組み合わされた秀作。激しい気性の持ち主であることから、それを疎んだ夫の精神的暴力に苦しめられることとなり、その鬱積した感情を幼い我が子に向けるようになる女性の歪んだ心理を、著者は見事に描き出しています。そんな母親の哀れさ(もちろん幼児虐待はどんな場合でも許されないことですが)、一途に母の愛情を求める子供の哀れさに強く胸を打たれました。これこそ現代にも通じる作品だと思いますが、1932年にこんな話が書かれていたんですねえ…。
他の作品は、怪異現象や幽霊の正体や由来をあまりはっきりと書かない、どちらかといえば曖昧な話が多いかな。

あと、イギリス怪奇小説史における女性作家たち、そして「ゴシック・ロマンス」から19世紀半ばの「怪奇小説」への移り変わり、両者の違いについて述べられている巻末の訳者解説は、参考になります。

2007.02.28 23:32 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2006. 09. 18

『アイルランド幻想』 ピーター・トレメイン

Amazon.co.jp で詳細を見るAISLING and other Irish Tales of Terror (1992)
ピーター・トレメイン / 甲斐萬里江 訳 / 光文社文庫
[ Amazon ]

盲目の人気作曲家は療養のため故郷アイルランドの邸に移り住む。その庭には古代遺跡の名残とされる石柱が立っていた。夜ごと彼の耳に悲嘆と苦悩に満ちた不思議な合唱が聞こえるようになり…(第1話「石柱」)。――霧の海に育まれた豊かな神話・伝承と、イギリスの度重なる苛烈な植民政策に抗した農・漁民の怒りと嘆きを、ピーター・トレメインは、哀しみの幻想小説集として昇華させた。アイリッシュ・ホラー初紹介。 (裏表紙より)

「ゴシック・ホラー傑作集」という副題がついた、全11篇収録の短篇集。
来月、東京創元社から同著者の歴史ミステリ 『蜘蛛の巣』 (修道女フィデルマシリーズ第1弾)が出るので、その前にこちらを…と思って読んだのですが、これが素晴らしかったー。
「ホラー」というジャンルに限定しない広い意味での「短篇集」としても優れているし、また「幻想怪奇小説」としても素晴らしい。大半の作品が英国の侵略・苛酷な支配や19世紀の<大飢饉>を背景にしており、超自然的なものへの恐怖の他に、虐げられ痛めつけられたアイルランドの人々の激しい怒りや根深い憎悪の恐ろしさがあり、二重の恐怖となっていてゾッとさせられる。理由もなく襲われるというような不条理なものではなく、怒り・恨み・嘆きといった人間の感情から生まれ出たものだから余計怖いというか…。その一方で、アイルランドの民話や伝説に基づいた幻想的な世界のなかで、人々の悲哀の深さや思いの強さが胸を打ちます。
特に印象的だったのは「妖術師」。祖父と両親が相次いで謎の死を遂げた大邸宅に、妻を亡くしたばかりの青年が当主となって遠方から帰ってくる。しかし、その屋敷は奇妙な老人がひとりで切り盛りしており、青年は数々の謎めいた出来事に悩まされるようになる…といった私好みの導入なのだけど、「わーい、ゴシック・ロマンだー」と単純に喜んではいられない苛酷な結末が恐ろしい。

ところで、今月末に出るポール・ドハティーの 『毒杯の囀り』 、そして上記の 『蜘蛛の巣』 と、なぜか突然歴史ミステリが続きますね、東京創元社。

2006.09.18 23:09 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2006. 07. 10

『怪奇小説傑作集(1) 英米編1』

Amazon.co.jp で詳細を見る平井呈一 編・訳 / 創元推理文庫
[ Amazon ]

ブルワー・リットン 「幽霊屋敷」
ヘンリー・ジェイムズ 「エドマンド・オーム卿」
M・R・ジェイムズ 「ポインター氏の日録」
W・W・ジェイコブズ 「猿の手」
アーサー・マッケン 「パンの大神」
E・F・ベンスン 「いも虫」
アルジャーノン・ブラックウッド 「秘書奇譚」
W・F・ハーヴィー 「炎天」
J・S・レ・ファニュ 「緑茶」

数年前から英米怪奇小説のアンソロジーを好んで読んでいるのですが、実はいちばんの入門書というべき本傑作集をまだ読んでいませんでした。ちょうど今、新版が刊行中なので、これを機に5巻全部読んでみようかと。
1冊目の「英米編1」は各短篇の発表年数が19世紀半ばから20世紀初頭ということで、語り口は良くも悪くも古めかしい。しかし、内容のほうはそんなこともなく、さまざまな種類の怪奇小説が選ばれていてバラエティー豊か。幽霊話が大半かと思っていたのに、超常現象ではなく人間の異常心理を描いたサイコホラーのような話が半分ほどを占めていたのはちょっと驚きでした。
なかでも印象的だったのは、ミステリのような展開を併せ持つ「パンの大神」、不気味な屋敷での恐怖の一夜からバカ話へと変貌する「秘書奇譚」、シンプルな短い話ながらもそれゆえに強烈な「炎天」(今の時期に冷房のきいていない蒸し暑い部屋で読むと臨場感満点)。

ところで、本書の編者でもある平井呈一氏の翻訳は名訳なんですが(恐怖小説史について述べられた巻末の解説もとても参考になる)、一箇所、思わず噴き出してしまったところがありました。「がまんできない。あばよ」「あばよ、オースチン」――それを読んだ途端、私の脳内には柳沢慎吾の顔をした英国紳士ふたりが会話をしている光景が…(笑)

2006.07.10 21:29 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2005. 10. 17

『悪魔の見張り』 ジェフリイ・コンヴィッツ

The Sentinel (1974)
ジェフリイ・コンヴィッツ / 高橋豊 訳 / ハヤカワ文庫NV (モダンホラー・セレクション)
[ Amazon ]

ニューヨーク西89丁目――閑静なブラウンストンのアパートに移り住んだファッションモデルのアリソンは、その日から些細だが奇妙な現象に悩まされる。そのうえアパートには、盲目の老神父、レズビアンのカップル、不気味な猫を飼う老紳士など異様な人物ばかりが住んでいた。アパートの周旋業者の女性のところへ隣人の苦情を言いにいったアリソンは、しかし、逆に彼女から信じがたい事実を知らされるのだった…。

原題は単に「見張り」という意味なんだけど、この邦題はネタバレだよねえ…。
キリスト教的な要素がかなり大きかったのが、ちょっと予想外でした。とは言っても、信心深いとかそういうのではなく、巻末の解説で指摘されているように、ホラーを語るための手段として「キリスト教の聖職者 vs. 悪魔」という図式を利用しているだけなんだけど。なにしろ、この作品が書かれたのは映画「エクソシスト」の大ヒットの直後だというから。でも、今読んでみると、いまいちピンとこない(特に「地獄の軍勢」というものが)のでした…。

2005.10.17 23:53 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

2005. 06. 22

『ヴァンパイア・コレクション』

The Vampire Omnibus (1995)
ピーター・へイニング 編集 / 角川文庫
[ Amazon ]

「吸血鬼ヴァーニー」(ジェームズ・マルコム・ライマー「吸血鬼の物語」)などの古典的吸血鬼譚から、スティーヴン・キングやアン・ライスなどの映画化された作品、そしてブラッドベリやスタージョンなどの現代のヴァンパイア・ストーリーまで、全21篇を収録した吸血鬼もののアンソロジー。
私はもともとモダン・ホラーよりも古い怪奇小説のほうが好きなので、このアンソロジーも、時代の新しい作品よりも古典作品のほうが楽しめた。
なかでも特に気に入ったのが、ゴシック・ロマン風の「蒼白の貴婦人」(アレクサンドル・デュマ&ポール・ボカージ)。戦火を逃れてカルパティア山脈にある修道院へ向かう令嬢は、途中で若い男が率いる山賊に襲われる。そこへ現れたもうひとりの若い男に助けられ、山奥にある彼の古城に連れて行かれるが、山賊の首領は彼の異父弟だった。城に滞在することになった令嬢は、貴族的で寡黙な兄・グレゴリスカ、野性的で荒々しい弟・コスタキ、憎しみあう兄弟双方から激しく愛されるようになるが、やがて悲劇が起こり……という話なのだけど、とにかく雰囲気が良くて素敵。

吸血鬼もののアンソロジーでは、他に 『死の姉妹』 (扶桑社ミステリー)というのもおもしろそう。

2005.06.22 23:25 | Comments(0) | Trackback(0) | 怪奇小説&ホラー

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。