* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 02. 22

映画いろいろ

Yahoo!動画で「アーネスト式プロポーズ」を放送しているのを発見。
http://streaming.yahoo.co.jp/p/t/00265/v05516/
去年DVDリリースされて、そのうち観ようと思っていた映画だったのでラッキー♪
原作はオスカー・ワイルドの「真面目が肝心」。ヴィクトリア朝が舞台の喜劇です。

えー、これだけではなんなので、最近観た映画のことでも。

マッチポイント
野心家の青年(ジョナサン・リース・マイヤーズ)がイギリスの上流階級に入り込むことに成功するが、義兄のセクシーな恋人(スカーレット・ヨハンソン)に惹かれてしまい……という、ウディ・アレン監督のサスペンス。意外な結末は、ミステリー小説好きならニヤリとできそう。
テート・モダンやロンドン・アイなどの最近のロンドンの観光名所、郊外にある上流階級の超豪勢な別荘、ミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」を鑑賞する場面などがふんだんに盛り込まれていて、ロンドン好きにはオススメ。


荊の城
なんか今頃観たのかって感じですが、「これ、日曜日の午後9時から地上波で放送したのかよ、BBC!」って言いたくなった(笑)。
前編はとても丁寧にドラマ化されていてよかったんだけど、後編が(原作の細かいところを忘れてしまっている私には)ちょっとわかりづらかったなー。
主役の女優さん二人が、動くととっても魅力的で、素晴らしいなーと思いました。


女相続人
これは、先日NHK衛星で放送されていたのを録画しておいて観ました。ウィリアム・ワイラー監督の1949年の作品。
ヘンリー・ジェイムズの 『ワシントン・スクエア』 が原作。地味で引っ込み思案な主人公キャサリン(オリヴィア・デ・ハヴィランド)に、ハンサムな青年モリス(モンゴメリー・クリフト)が財産目当てで近づいてきて……という話。
最後にモリスを拒絶した主人公の姿は誇り高く、実に毅然として見えるのですが、それと同時に「この人は他人に心を開かない、頑なな独身中年女性になってしまうんだろうなあ…」と思わせて、いたたまれない気持ちに……(だからと言って、モリスと結婚しても幸せになれたかどうかわからないしなー)。原作を読んだのがもう何年も前なので、モリスとの別れ方がどうだったのか忘れてしまったけど、原作でのその後のキャサリンはもっと穏やかな感じだったような気がするんだけどなー。
スポンサーサイト

2009.02.22 23:50 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2008. 10. 25

「女王フアナ」

先日借りたDVDを返しにいったら、また旧作100円キャンペーン中だったので、またまた借りてきてしまいました……。そのうちの一本がこれ。

女王フアナ
(2001年 スペイン)

スペインを統一したイサベル女王の娘として生まれ、ハプスブルク家に嫁いでのちの神聖ローマ皇帝カール5世を産み、母の死後にはカスティーリャ女王に即位しながら、「狂女」と呼ばれて半世紀近くも幽閉されていたフアナの話。
気が狂っていたと言われていますが、近年では、大国の政治権力を掌握したい者たちが邪魔なフアナを閉じ込めておくための口実だったという説も強いようです。(ただし、「狂っている」とまではいかないまでも、かなり気性の激しい女性だったというのは史実のようだ)
その「狂女伝説」のひとつとなったのが、若くして亡くなった最愛の夫・フェリペ(フィリップ美公)の棺を馬車に乗せ、カスティーリャの荒野を放浪し続けたというエピソード。プラド美術館にある「Doña Juana 'la Loca'(狂女王フアナ)」という絵が有名です。

 (画像出典:ウィキペディア)

映画では、フアナと夫フェリペの愛憎(フアナの狂気のほとんどは、美青年で浮気性だったフェリペへの激しい愛情と嫉妬に起因している)をメインにしたのか、夫の死後のことは大雑把にしか触れられていませんでした。

フアナについて書かれた本は何冊かありますが、私が読んだことがあるのはこの2冊。

女王フアナ
ホセ・ルイス・オライソラ / 角川文庫

映画公開にあわせて翻訳された伝記(巻末にのっている桐生操の解説がメチャクチャひどかった…)

狂女王フアナ―スペイン王家の伝説を訪ねて
西川和子 / 彩流社

ちなみに、イギリス王家とのつながりで言うと、ヘンリー8世の最初の妃キャサリン・オブ・アラゴン(スペイン名はカタリーナ。メアリー1世の母)は、フアナの妹にあたります。姉妹そろって、夫には苦悩させられたのねえ……。

* Tag : 歴史/時代もの  

2008.10.25 22:29 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2007. 04. 05

映画 『見知らぬ乗客』

Amazon.co.jp で詳細を見る(1951年 / アメリカ)

アルフレッド・ヒッチコック監督作品の「見知らぬ乗客」をYahoo!動画でやっていたので、観てみました。
Yahoo!動画 - 映画 - 世界名作ライブラリー - 見知らぬ乗客
パトリシア・ハイスミスの同名小説が原作。
レイモンド・チャンドラーが脚色に参加しています。
さらに、クライマックスの暴走するメリーゴーランドのシーンは、エドマンド・クリスピンの 『消えた玩具屋』 が元ネタだと言われているそうです。なるほど、あの場面を映像化するとああなるのか~。


他に、Yahoo!動画で観られるヒッチコック作品のなかで、海外クラシック・ミステリにつながりがあるものを並べておきますね。

断崖
フランシス・アイルズ(アントニイ・バークリーの別名義)の 『レディに捧げる殺人物語(犯行以前)』 が原作。結末を変えてしまったせいで原作の良さが失われてしまっているけど。(しかしこれ、カラー版なんですね。私が観たDVDはモノクロだったのに。この映画はモノクロじゃないと、光るミルクのグラスの場面が…)

レベッカ
ダフネ・デュ・モーリア原作。主人公役のジョーン・フォンテインが美しい~、マキシム役のローレンス・オリビエかっこええ~、ダンヴァース夫人はコワイ…。

第3逃亡者
原作はジョセフィン・テイ 『ロウソクのために一シリングを』

バルカン超特急
原作はエセル・リナ・ホワイト(これ)。原作よりもコミカルでドタバタ度が高くなっています。

白い恐怖
原作はフランシス・ビーディング(これ)。もっとも原作とはまったく別物のサイコ・サスペンス。イングリット・バーグマンとグレゴリー・ペックの美男美女カップルは目の保養~♪

2007.04.05 23:42 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2007. 01. 24

Wicked

Wicked: A New Musical [Original Cast Album]以前、劇団四季がミュージカル「ウィキッド」を上演するそうだということをちょろっと書きましたが、正式に発表されたんですね。

↓ Yahoo!ニュースの製作発表の記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070124-00000000-pia-ent

↓ ウィキッド スペシャル・サイト
http://wicked.jp/

↓ 四季のウィキッド ステージガイド
http://www.shiki.gr.jp/applause/wicked/index.html

2007年6月から電通四季劇場 [海]でロングラン公演だそうです。
うわー観たいな~。
でもわざわざ東京まで観に行くのは大変だし、
何より最初のうちは、なかなかチケットが取れないでしょうね…。

※ ついでに本家ブロードウェイの公式サイト ↓
http://www.wickedthemusical.com/
さらについでに原作のグレゴリー・マグワイア 『オズの魔女記』 ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886826113/

※ 四季のウィキッドサイトにブログパーツがあったので、貼ってみる。 (3/12追加)

2007.01.24 18:54 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2006. 11. 05

ミュージカル「ウーマン・イン・ホワイト」他

The Woman In White [Original Cast Recording]ウィルキー・コリンズのヴィクトリア朝サスペンス 『白衣の女』 が原作の、アンドリュー・ロイド=ウェバーの2004年の最新作ミュージカル「The Woman in White (ウーマン・イン・ホワイト)」。
ロンドンやNYでの公演が不評で早々と終了してしまったようなので、日本には来ないだろうなあ…とあきらめていたんですが、やるんですねー、日本公演。
http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20061104-OHT1T00059.htm
……ローラが神田S也加ですかい…。
(以前はイギリス版の立派な公式サイトがあったんですが、今ではALWのカンパニーかなんかのサイトのワンコーナーにちょこっと残ってるだけ<ここ>。歌が何曲か聴けるようになってますが。あと関係ないけど、同じサイト内に「By Jeeves」のページもあるんだね…)
(ちなみに、『白衣の女』 は19世紀イギリスのサスペンス・スリラー。女相続人である令嬢ローラの財産をめぐる陰謀に、ローラと個人絵画教師の青年ウォルター・ハートライトのラブストーリーをからめた物語で、1860年に発表されるや大ベストセラーになったそうです。お気に入りの作家コリンズの著作のなかでも、私はこれがいちばん好き。でも何しろ19世紀に書かれた小説なので、この時代のものを読みなれていない人には話のテンポがかなりゆっくり感じられるかもしれません)


一方、劇団四季では来年「Wiked (ウィキッド)」を上演するみたいですね。(先々月に読んだばかりのグレゴリー・マグワイア 『オズの魔女記』 が原作のブロードウェイ・ミュージカル。本の感想はこちら
「ウーマン・イン・ホワイト」はもう「どうでもいいか…」という気分だけど、「ウィキッド」と、2008年に東京公演があるという「Rebecca (レベッカ)」は観てみたいなあ。(あー、でも、どうせならこれを機に 『白衣の女』 を復刊してくれるといいんだけど>岩波書店。ずっと品切重版未定状態なんだもの…)

2006.11.05 21:54 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2006. 10. 08

ミュージカル "Rebecca (レベッカ)"

私がダフネ・デュ・モーリアの 『レベッカ』 が大好きだということは、しつこいくらい何度も書いていますが、その 『レベッカ』 がウィーンでミュージカル化されたんだとか。英米以外のミュージカルはよく知らないんですが、「エリザベート」や「モーツァルト!」などで有名なミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイのコンビの新作だそうで。

公式サイトはこちら ↓
REBECCA - Das Musical (ドイツ語版)
REBECCA - Das Musical (英語版)

日本語の記事だとこちら ↓
「レベッカ」:世界初演の最新ミュージカル、ウーヴェ・クレーガー主演

公式サイトで聴ける歌、いいですね。観てみたいなあ。ドイツ語はまったくわからないけど、ストーリーはしっかり覚えているのでなんとかなりそう。
2008年と2010年には東京公演もあるそうですが、日本人キャストの公演なのかな?

『レベッカ』 はヒッチコック監督の映画も有名ですが(こっちも大好き)、最近は「Yahoo!動画」で無料で観ることができるんですね。
Yahoo!動画 - 映画 - 世界名作ライブラリー - レベッカ
500円のDVDでも出てるし。どちらも画質はかなり悪いようだけど…。

* Tag :   ダフネ・デュ・モーリア  

2006.10.08 23:28 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2006. 06. 26

映画 「モンテ・クリスト伯」 & 「アマデウス」

Amazon.co.jp で詳細を見るちょっと前にBSで放送されていたのを録画しておいた映画「モンテ・クリスト伯」(2002年・アメリカ/イギリス/アイルランド)を、週末に観ました。
……なんだ、あの脚色のひどさは。
小学生のときに子供向けの 『岩窟王』 を読んだきりだから確かなことはわからないけど、メルセデスとの関係もありきたりなハッピーエンドも、原作と全然違う気がする。
あんまりひどいので、原作ではどうなっていたのか確かめるためにも 『モンテ・クリスト伯』 を読んでみたくなっちゃった。
今年の夏の課題本にしようかな。


Amazon.co.jp で詳細を見る母が借りてきた(先日NHKで放送していたモーツァルト特集を観て興味持ったらしい) 「アマデウス」 も観ました。
こちらは文句のつけようもない素晴らしい作品。今回観たのはディレクターズカット版で20分の未公開シーンが追加されているそうなんですが、オリジナル版を観たのがもう何年も前のことなのでそれがどのシーンなのかよくわからんかった…。
そういえば、この話は舞台も観に行ったんだっけ。サリエリ役は松本幸四郎、モーツァルト役が市川染五郎でした。

2006.06.26 23:31 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2006. 06. 02

映画 「追想」

Amazon.co.jp で詳しく見る私のお気に入り映画のひとつ、イングリット・バーグマン主演の「追想」が3月にDVD化されていたことを、今頃になって知りました。
ロシア革命時に父ニコライ2世ら家族とともに処刑されたとされる皇女アナスタシア。しかし彼女は密かに生き延びていたのではないか…という歴史上のミステリー(えーっと、近年、DNA鑑定で決着がついたんだっけ? いつもルイ17世の話とごっちゃになっちゃうよ)をもとにした1956年の映画。
実はアナスタシアではないかという記憶喪失の女性アンナをバーグマンが、彼女を利用してロマノフ王家の財産を手に入れようとする将軍ボーニンをユル・ブリンナーが演じています。
Amazon.co.jp のページで予告編を見ることができます。「予告編を見る WMP 500K」のところ)
中学生のときにアナスタシアの話目当てで衛星放送でやっていたこの映画を観て、イングリット・バーグマンのファンになったんだったっけ。白いドレスの正装姿のバーグマンが本当に美しい。物語のミステリアスな雰囲気を高める音楽も印象的な、素敵な作品です。

バーグマンといえば、彼女がアカデミー主演女優賞を獲ったサスペンス映画「ガス燈」が、「プライドと偏見」のジョー・ライト監督でリメイクされるらしいですね。
http://www.vogue.co.jp/entertainment/news/060209_01.html
舞台は19世紀末のロンドンから現代のカリフォルニアに変更するみたいですが、タイトルにもなっているガス燈のアレンジとかどうするんだろ? デビュー時のアンジェラ・ランズベリーが演じていた小生意気なメイドさんは? まったく別の話になりそうだなあ。
(映画「ガス燈」については こちら で詳しく語ってます(笑)。ほんの少しだけネタバレ気味なのでご注意を。最近、500円くらいの廉価版も出ていますね。画質がどうなっているのかは知らないけど)

2006.06.02 23:46 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2006. 01. 26

映画 『オリバー・ツイスト』

【 公式サイト 】

試写会に当選したので、観に行ってきました。
実は先日読んだ原作があまりおもしろくなかったので、行こうかやめておこうか迷ったのですが(そもそも試写会に応募したのも忘れていたぐらいで…)、「映画は原作とは別物で、おもしろくなっているかもしれない」と思いなおして出かけました。
……行かなくてもよかったかも。
オリバーの出生話とメイリー一家がばっさり切られている他は、原作にかなり忠実。映画独自の展開や観点というのがほとんどなくて、原作を楽しめなかった私には、映画もあまりおもしろいものではありませんでした。
実際にどーんと作っちゃったという19世紀のロンドンの街並みは、確かに見事だったけど……印象に残ったのはそれだけだな…。
(ブラウンロー氏役の俳優さんは、どこかで見たことあるなあと思っていたら、グラナダ版ホームズのワトソン先生だー)

ところで、上映開始から30分くらいして、居眠りしていた隣りの席の若い女性(大学生くらいかな)が大きないびきをかきはじめて、びっくりしました。
あんまり大きいもんだから、ちょっと離れた席の人たちまで振り返っていたくらい。ひじでつつくか何かして教えてあげようかとも思いましたが、相手が若い女性なだけにちと躊躇…。そのうち静かになったけど。

2006.01.26 00:51 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

2005. 09. 09

ミステリ読書月間 / 『二都物語』

ミステリ読書月間

「暑くて集中力が途切れがちなときには、ミステリがいちばん読みやすかろう」ということで、7月下旬から始めたミステリ読書月間。
実はまだ続いていて、さらにもうしばらく続く予定ですが、そろそろ、どっしりとした現代文学、それに何か19世紀英文学が読みたくなってきたなあ。
でも、黄金期本格とか現代サスペンスとか、ミステリ小説ばかりたくさん読めて楽しかったです。国書の世界探偵小説全集も4冊読破できたしね。


映画 『二都物語』

(1957年・イギリス)

先日BS2で放送されていたのを、録画しておいて観ました。

これ、約50年前の映画なんですが、クリストファー・リーが出演していたんですね~。
本編を観ているときは気付かなくて、最後のスタッフロールを見てビックリ、思わず本編に戻って確認しちゃいました。
ちなみに、領地の若い娘を無理矢理慰み者にして死に追いやり、さらにその父と弟まで殺してしまう(その他にも悪事多数)という鬼畜なサン・テヴレモンド侯爵役です。

で、物語の内容ですが。
実は、原作の小説はあまり好きじゃないんです。構成がうまくなくてダラダラしているのと、ディケンズの作品のなかでも特に文章が感傷的すぎるように思えて。(あと、フランス革命の描かれ方が偏っている…。まあ、イギリス人だから仕方がないか)
映画のほうは、2時間で手際よくまとめられ、原作のドラマチックさもはっきりと表現されていて、なかなかよかったです。主人公シドニー・カートン(ダーク・ボガード)のやさぐれハンサムぶりもかっこよかったしね。
しかし、何より良いのが、ヒロインのルーシー&チャールズ夫婦が、原作みたいにイライラさせられる人物ではないところ。というより、チャールズはその役立たずぶりを披露する暇がないほど、影が薄かったんですが(笑)。原作読んだ時には、この能天気なお子ちゃま夫婦には本当にイライラさせられたんだよなあ。ルーシーは、苦労の多い少女時代を送ったとは思えない、世間知らずな「お人形さん」ぶりだし。原作の二人だと、カートンが自分たちのためにしてくれたことについて、忘れずに感謝はし続けるだろうけど、自分たちの幸福があまりにも大きな犠牲のうえに成り立っていることの重みを感じることもなく、一生、能天気に笑いながら生きていくんだろうな…。

2005.09.09 00:26 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画&ミュージカル

* Site Info

読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
[ 管理人 : Rie ]

* Search

* Recent Entries

* Categories

* Tag List

* Archives

* Other


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。