* Caramel Tea *

Reading Diary

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告

2009. 01. 07

『空のオベリスト』 C・デイリー・キング

世界探偵小説全集21
Obelists Fly High (1935)
C・デイリー・キング / 富塚由美 訳 / 国書刊行会
[ Amazon ]

「4月13日正午、お前は死ぬ」国務長官の緊急手術に向かう著名な外科医カッター博士に送りつけられた不気味な犯行予告。ニューヨーク市警の敏腕刑事ロード警部は、あらゆる事態を想定して警護にあたったが、ニューヨークを飛び立って数時間後、その目の前で博士は倒れた――。上空数千フィート、空の密室ともいうべき飛行機の中で、果たして何が起きたのか。エピローグを巻頭に配した構成、手がかり索引など、さまざまな技巧を駆使し、フェアプレイを掲げて読者に挑戦する、パズラー黄金期の旗手キングの幻の名作。 (カバー折込より)

これって、構成とかが凝っているのはいいんだけど、あちこちで話が破綻してるんじゃないかなあ……?

【以下、ネタバレにつき反転】
  • カッター博士の喉を切り裂いた犯人は、凶器のブローチが機内に戻されていることから、飛行機に戻ってきた人間に限られる。それはスチュワーデスの証言により、フォンダとティンカムの二人。その後、フォンダのアリバイが証明された時点で、残るティンカムが犯人だということになる。これは読者には簡単にわかることだろう。しかし、探偵役のロード警部はこんな単純なことにまったく気づかずに、自分が反感を持っているアイザを犯人に仕立て上げることに躍起になっているのである。読者にはとっくに(切り裂きの)犯人わかっているのに、何をチンタラやってるんだよ。

  • そもそも、カッター博士の喉を切り裂く必要がどこにあるのか? すでに死んでるのに。博士がまだ生きていると思い込んでやったというのなら、納得できる。しかし、その行為に及ぶ前に「カッターの遺体を上から照らし、注意深く観察をはじめた。ふいにその人物は叫び声を発して顔を上げた(p148)」とある。これは、生きていると思っていた博士がもう死んでいることを発見して驚いたということだろう。なぜ「叫び声を発し」たのか他の解釈があるとしても、いずれにせよ、博士が死んでいるのには気づいたはずで、死人の喉を切り裂いてどうしようって言うんだ? フォンダに罪をなすりつけようとしたのだとしても、博士の遺体がいずれ司法解剖されることを考えれば、無駄な工作だということはすぐにわかるだろうし。

  • 博士がカプセルを吸い込んで倒れたときに、ポンズ博士が死亡確認をしている。この時点でポンズはロード警部の工作を知らされていないので、この死亡確認は事実だと考えられる。しかし、ロード警部の工作が明らかにされたときに、この件が問題にされていないのはおかしい。

  • 「近親相姦」は性的行為を指すのだから、妹に対する兄の/母に対する娘の精神的な独占欲を「近親相姦」というのは不適切だろう。ただ、これは原文ではどうなっているのかわからないので、翻訳上の問題かもしれないけれど。

  • しかし、探偵役の人物が大失敗しまくり、しかも、それが表立って書かれていない、という点はおもしろかったな(プロローグや「手がかり索引」を読めば、ロード警部がどんな失敗をしたのか読者自身で読み解けるという仕掛け)。ロード警部、踏んだり蹴ったりで散々だよなあ。実はフォンダに毒殺までされかかってるんだよねえ……。

    ※私の解釈が間違っているという部分がもしありましたら、コメント欄で指摘していただけるとありがたいです。

    C・デイリー・キングは以前読んだ 『タラント氏の事件簿』(→感想) がおもしろかったのだけれど、本作では一部の登場人物の描き方が偏りすぎているように思えて、他の作品読む気が失せた。
    スポンサーサイト

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2009.01.07 23:47 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

  • 2008. 02. 03

    『道化の死』 ナイオ・マーシュ

    Amazon.co.jp で詳細を見るOff with His Head (1956)
    ナイオ・マーシュ / 清野泉 訳 / 国書刊行会
    世界探偵小説全集41
    [ Amazon ]

    年に一度、冬至の次の水曜日にマーディアン・キャッスルで催される民俗舞踊「五人息子衆のモリスダンス」。そのクライマックスで、道化役の男が首を切り落とされた死体となって発見される。舞台は終始見物の目にさらされており、誰にも犯行は不可能なはずだった。スコットランド・ヤードのアレン警視が捜査に乗り出す。民俗色豊かな背景、巧妙な伏線に大胆不敵なトリック。マーシュの戦後代表作。

    雪に囲まれた排他的な田舎の村で殺人事件が起こる――発表されたのは1956年ですが、黄金期本格の雰囲気そのままの作品。傑作とまでは行かなくともしっかりと作られた推理小説で、個性的な登場人物たちのいきいきとした描写や軽妙な会話というマーシュ作品の魅力もあって、楽しんで読めました。

    マーシュの作品はたいてい殺人場面が派手かつ残酷なのですが、剣を使った舞踊の最中に道化役の男の首が切り落とされて発見されるという本作は特に派手&残酷です。しかも衆人環視下。
    そんなインパクトのある不可能犯罪興味と比べると、フーダニット興味のほうはやや薄いように思えます。それは多分、主たる容疑者であるアンダースン家の五人兄弟が1名を除いて、あまりはっきりと書き分けられていないからではないかな。ただ、これはマーシュが「書き分けられなかった」のではなく「書き分けなかっただけ」なのだろう、ということは、容疑者から外されている目撃者たちは個性豊かに、さらに人間模様も濃く描かれていることから窺えます。今回、マーシュの興味は五人兄弟よりも、舞踊の場面を作るのに必要だった目撃者たちに向けられていたということかな。(その傾向は、他の作品にも多かれ少なかれ見られるような気がします)


    ところで、国書刊行会の「世界探偵小説全集」もこの巻をもって終了。非常に残念だけど、他の出版社からもこれだけたくさんクラシック・ミステリが翻訳されていると、続けるのも難しいのでしょうか。でも、まだ三分の一ほど読んでいないのがあるから、とりあえずそれを読まなくてはね~。
    (論創社のマーシュはどうなってるんでしょうか……。もう半分諦めたようなつもりでいたほうがいいのかな……)

    * Tag : ナイオ・マーシュ  世界探偵小説全集  

    2008.02.03 22:57 | Comments(2) | Trackback(2) | ミステリ&サスペンス

    2007. 06. 16

    『おしゃべり雀の殺人』 ダーウィン・L・ティーレット

    世界探偵小説全集23
    The Talking Sparrow Murders (1934)
    ダーウィン・L・ティーレット / 工藤政司 訳 / 国書刊行会
    [ Amazon ]

    「雀がしゃべった……」謎の言葉を残して老人は息絶えた。それが恐るべき連続殺人の始まりだった。ヒトラーが政権を掌握、ナチスのユダヤ人襲撃が頻発する緊迫した状況下のドイツの古都ハイデルベルクで、アメリカ人技術者が巻き込まれた謎の殺人事件。毎日決まった時刻に松の木に敬礼する男、主人公をつけねらう不気味なナチの指導者……次々に降りかかる難問を解決して、果たして無事アメリカ行きの船に乗ることが出来るのか。1934年、迫り来る戦争の影のなか発表され、ドロシー・セイヤーズが絶賛した異色ミステリ。 (カバー折込より)

    訳ではなくて原文のせいだと思うけど、非常に読みにくい作品でした。
    冒頭なんの前置きもなく物語が始まるので、現在進行形の話(主人公の一人称語り)だと思って読んでいたら、40ページを越したところで突然「今にして思えば~」とか「後になって考えてみれば~」という、「そのときの私たちには知る由もなかった」系統の文章が出てくる。なんだこれ、主人公が事件を回想して書いているという設定だったのか。それに、場面転換が唐突すぎるところもあったし…。
    ナチスが脅威を振るいつつあるドイツの不穏な様子が描写され(ユダヤ人の虐殺死体が公園に転がっている話にはぞっとさせられる)、異様な雰囲気が作品全体を覆っている点では、まさに「異色」と言える作品(作者は1920年代後半にドイツに留学していたそうです)。しかし、その背後に、「ノーテンキなアメリカ人青年が異国で事件に巻き込まれる(謎めいた美女とのロマンス付き)」というお決まりの展開といい、無理にタイムリミットを設定している点といい、いかにも「アメリカ人作家が書いた」という感じのものがチラついて見えるのが興醒めでした。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2007.06.16 00:54 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2007. 02. 12

    『赤い右手』 ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ

    The Red Right Hand (1945)
    ジョエル・タウンズリー・ロジャーズ / 夏来健次 訳 / 国書刊行会
    世界探偵小説全集24
    [ Amazon ]

    結婚式を挙げに行く途中のカップルが拾ったヒッチハイカーは、赤い眼に裂けた耳、犬のように尖った歯をしていた……。やがてコネティカット州山中の脇道で繰り広げられる恐怖の連続殺人劇。狂気の殺人鬼の魔手にかかり、次々に血祭りに上げられていく人々――悪夢のような夜に果して終りは来るのか? 熱に憑かれたような文体で不可能を可能にした、探偵小説におけるコペルニクス的転回ともいうべきカルト的名作、ついに登場。

    去年セオドア・ロスコーの 『死の相続』 が出たときに引き合いに出されることが多かったので、今さらながら興味を持って読んでみたんですが…。
    ……すっかり騙されました。作者の術中にまんまと嵌ってしまった。釈然としない部分もあるのだけど、最終的には楽しませてもらったから、まあいっかー、という気分。
    冷静に考えてみればかなり無茶苦茶なアイデアを、読者に有無を言わさず読ませてしまう作品に仕立ててしまったというところがすごい。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2007.02.12 23:09 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2006. 10. 19

    『屍衣の流行』 マージェリー・アリンガム

    Amazon.co.jp で詳細を見るThe Fashion in Shrouds (1938)
    マージェリー・アリンガム / 小林晋 訳 / 国書刊行会
    世界探偵小説全集40
    [ Amazon ]

    人気女優ジョージアをめぐる男たちの不可解な死。3年前に謎の失踪を遂げた元婚約者の白骨死体が発見された数週間後、現在の夫レイモンドのアフリカ飛行歓送式典の最中に事件は起こった。巧妙きわまる計画殺人に挑む名探偵アルバート・キャンピオン。女王クリスティーがその才能を羨んだという巨匠アリンガムの傑作。 (出版社の内容紹介より)

    出版社の内容紹介や本書の解説では「代表傑作」「アリンガムの最高傑作」とされており、その通り、これまで読んだアリンガム作品のなかではいちばん読み応えがあっておもしろかった~。
    これといったトリックやロジックがない点は他作品と同じなんですが、丹念な人物描写の積み重ねによって犯人の正体や犯行方法が浮き上がってくるという流れがとてもスムーズで納得のいくものなので、他作品のように物足りなさを感じることもありませんでした。(ただ、その反面、その人物描写がちょっと丁寧すぎ・細かすぎる気がしないでもなく…。解説の「アリンガム問答」によると、アリンガム本人も「書き込みすぎだ」と思ったらしく、晩年、二割ほど削った改訂版を出したんだとか)
    また、いつもは「あっちへ行ったりこっちへ行ったりしてるだけ」という地味で目立たない印象のアルバート・キャンピオンも、ジョージアの元婚約者の捜索を依頼された立場にあり、さらに彼の妹でジョージアのドレスを担当しているファッション・デザイナーのヴァルが事件をめぐる人間関係に巻き込まれたことから、本作では探偵役として大活躍し、堂々と主役を張っています。"Sweet Danger (『水車場の秘密』)"で知り合い、のちに結婚することになるアマンダ・フィットンとのおしどり探偵ぶりや婚約に至るまでの過程も読めるし。(もう一組のカップルのプロポーズシーンも出てくるのだけど、そちらはキャンピオン&アマンダとは違って、なんだか納得しがたいものだったな…。あんた、そんなに偉そうにできる立場じゃないだろ>男のほう)

    私はいつもアリンガム作品のことを「地味だ」「地味だ」と言っているけど、「渋い」と言ったほうがふさわしいかもね、と本書を読んで思い直したり。
    で、そのアリンガム作品、この後も、論創社から 『葬儀屋の次の仕事』 が(でもいつ出るんだか)、新樹社からは "Dancers in Mourning" が(でもどうなってるんだか※)、刊行予定になってますね。
    世界探偵小説全集のほうは、第4期もあとはナイオ・マーシュを残すのみですね。楽しみだなー、『道化の死』。

    ※ 邦訳 『クロエへの挽歌』 2007年8月発売

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2006.10.19 23:24 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2006. 02. 09

    『魔王の足跡』 ノーマン・ベロウ

    Amazon.co.jp で詳しく見るThe Footprints of Satan (1950)
    ノーマン・ベロウ / 武藤崇恵 訳 / 国書刊行会
    世界探偵小説全集43
    [ Amazon ]

    1855年2月8日、悪魔が英国に降り立った。デヴォン州の各地で不可思議な蹄の足跡が多数目撃されたのである。それからおよそ100年後のある雪の朝、田舎町ウィンチャムに再び悪魔の足跡が出現した。スミス警部を始めとする住人たちは、新雪の上に突如現れた謎の足跡を追って、野原の真ん中にたつオークの木にたどり着く。その大枝には首を吊った男の死体がぶらさがっていた…。

    突然現れてまた忽然と途切れ、ある場所では建物を通り抜ける、人間の仕業とは到底考えられない雪の上の不可解な足跡…という謎とその解答はかなり魅力的でした。しかし、その他の部分がいまいち。話の進め方がなんだかぎこちないし、素人怪奇現象研究家のミス・フォーブズの長々と続く心霊現象についての演説には辟易。犯人の正体とその動機も早い時点に見当がついたので、どうやって足跡がつけられたのか、その不可能犯罪のトリックに対する興味だけで最後まで読み進めたのだけど、それには350ページ余というのはちょっと長すぎでした…。
    (あと、ラストシーンのスミス警部と某人物の「悪魔」についてのやりとりは興醒め。私は犯人の感情は人間として自然なものだと思うし、我田引水&こじつけすぎるよ…)

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2006.02.09 23:39 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2006. 01. 08

    『甘い毒』 ルーパート・ペニー

    世界探偵小説全集19
    Sweet Poison (1940)
    ルーパート・ペニー / 好野理恵 訳 / 国書刊行会
    [ Amazon ]

    全寮制のアンスティ・コート私立予備学校では最近、嫌われ者の校長の甥を狙った事件が続発していた。さらに青酸とチョコレートの紛失事件が発生、危険を感じた校長はスコットランド・ヤードに内密の捜査を依頼し、ビール主任警部が派遣される。紛失した青酸とチョコレートが発見されて、事件はひとまず決着したかに見えたが、一月後、ついに毒入りチョコレート事件が…。

    「英国パズラー派の最高峰」だというペニーの作品。≪読者への挑戦≫のページも入ってます。
    ≪挑戦≫以前に犯人も事件の真相も見当がついたのですが、それでも解決編は、これまでの伏線がひとつひとつピタリと当て嵌まっていくのがあざやかで、読み応えがありました。パズラー派の作品は「人物描写がおざなりで、話がおもしろくない」ということも多いのだけど、この作品はそういうこともありませんでした。確かに、巻末の解説で指摘されているように被害者の少年の描写は物足りないものの、読者が自分で解決に至れるだけの提示はしてあると思うし。
    ただ、まだ幼い少年が毒で殺される、という話なので、その点では後味の悪さも残ります。いくら被害者が性格が悪かったとはいえ……。(さらに、その子の生い立ちからすれば、ひねくれて育ったのもある程度は仕方ないだろうし、愛情の飢えをお菓子で満たしていたとも考えられるんだよなあ……)

    ひとつ、疑問に思った点。
    【以下、ネタバレなので反転】
    ハーバート・ウィークスは、なぜ自分の学校で殺人を行おうとしたのか? 校長の甥が学校で殺されたとなれば、生徒がいなくなって学校は立ち行かなくなってしまう、と事件の前に自分で指摘しているのに。いくら、レディ・ウィークスに罪を被せようとしていたとはいえ……。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2006.01.08 23:53 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2005. 08. 27

    『天井の足跡』 クレイトン・ロースン

    Amazon.co.jp で詳しく見る世界探偵小説全集 9
    The Footprints on the Ceiling (1939)
    クレイトン・ロースン / 北見尚子 訳 / 国書刊行会
    [ Amazon ]

    降霊会の調査のためスケルトン島に赴いた一行は、無人のはずの屋敷で女の死体を発見する。天井には謎の足跡が…。幽霊屋敷、交霊術、謎の放火、密室の死体、沈没船の宝探しと、めまぐるしい展開の難事件に挑む、奇術師探偵グレイト・マーリニの名推理。

    自らもマジシャンだった(舞台名は探偵と同じ「グレイト・マーリニ」)というクレイトン・ロースンの長編2作目。
    被害者の周囲の人間たちがそれぞれ思惑を持って裏で動き回っており、そんな彼らの行動が複雑に絡み合った結果、事件が非常に入り組んだものとなっている。
    なので、「推理小説」としてはゴチャゴチャしすぎている印象を受けるけれど、たたみかけるように次から次へと起こる怪事件、密室やら天井に残されていた足跡やら沈没船やら、様々な要素がこれでもかとばかりにたっぷり詰め込まれていて、まるでおもちゃ箱のよう。「物語」として読んでいてとても楽しかった。(事件担当のガヴィガン警視の暴走っぷりも笑えます)
    ロースンの作風が気に入ったので、他の作品(長編は全部で四つ)もそのうち読んでみたいと思います。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2005.08.27 23:25 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2005. 08. 23

    『自殺じゃない!』 シリル・ヘアー

    世界探偵小説全集 32
    Suicide Excepted (1939)
    シリル・ヘアー / 富塚由美 訳 / 国書刊行会
    [ Amazon ]

    マレット警部が旅先のホテルで知り合った老人は、翌朝、睡眠薬の飲み過ぎで死亡していた。検死審問では自殺の評決が下ったが、父親が自殺したとは信じられない老人の子供たちとその婚約者は、アマチュア探偵団を結成、独自に事件の調査に乗り出した。やがて、当日、ホテルには何人かの不審な人物が泊まっていたことが明らかにされていくが…。

    真相の意外性は充分。しかし、そこに至るまでの過程(ホテルに泊まっていた人たちにひとりずつ話を聞きに行く)がいささか遠回りで冗漫に思える。
    それと、老人の遺産に関係のある人たちが複数、事件時に偶然にホテルに居合わせていたという状況がずいぶん不自然に感じられるのだけど、そのあたりは昔の探偵小説の様式美、もしくは戯画とでも思っておけばいいのかな。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2005.08.23 23:07 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    2005. 05. 15

    『Xに対する逮捕状』 フィリップ・マクドナルド

    Warrant for X (1938)
    フィリップ・マクドナルド / 好野理恵 訳 / 国書刊行会 (世界探偵小説全集3)
    [ Amazon ]

    劇作家ギャレッドが喫茶店でふと耳にした会話は犯罪計画を暗示していた。わずかな手がかりをもとにゲスリン大佐が姿なき犯罪者に追る。論理的な展開と息詰まるサスペンス。クイーンらが推賞した名作。

    本格推理の要素もあるけど、基本的にはサスペンス。
    フィリップ・マクドナルドの祖父が、あの有名なファンタジー作家のジョージ・マクドナルドだと知って、ちょっとビックリ。

    * Tag : 世界探偵小説全集  

    2005.05.15 23:30 | Comments(0) | Trackback(0) | ミステリ&サスペンス

    * Site Info

    読んだ本の感想メモ、気になる本の情報など。翻訳小説が中心です。特に好きなのは、海外古典ミステリと19世紀イギリス文学。
    [ 管理人 : Rie ]

    * Search

    * Recent Entries

    * Categories

    * Tag List

    * Archives

    * Other


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。